見出し画像

選挙における「編集」を考える(追記あり)

前職で非常にお世話になったというか、鍛えられたというか、しごかれたというか、とにかく編集の基礎を作っていただいたR25創刊編集長の藤井さんが富山県議会議員に出馬、見事当選されまして。

間近で選挙戦の苦しさを見たこともあり、僕もこれまで以上に自分ごと化して選挙に臨もうと思いました。

統一地方選の後半戦。僕の住む目黒でも区議会議員選挙があります。どういう人が立候補しているのか、時間かけて調べてみようと検索してみたわけです。

自治体の公式サイト見にくい問題

まず見てみたのが、目黒区の公式サイト

立候補者一覧のページ目立たなすぎ。

このページに辿り着いた人って意思を持って訪問してるはずで、どんな人が立候補してるのかって気になってると思うんですよね。

啓発ポスターもいいんですが、まずは立候補者一覧にアクセスしやすくすべきじゃないですかね?

で、一覧ページを見てみたら。

候補者のサイトURLにリンク貼ってない。

候補者それぞれのサイトが書いてあるのはいいんですが、クリッカブルになってない。コピペしろと?投票率上げる気あるのかな。。※2019/4/21追記:このnote書いたあとにクリッカブルに修正されたようです

で。候補者側でまた驚いたのが、「サイトなし」って表記。藤井さんの選挙で実感しましたが、選挙期間って思ったより短いです。できる限り多くの人に発信することって非常に重要ですし、いまや発信にかかる金銭的コストはゼロに近い。実際ブログやFacebookなど使ってる人もいました。「なし」はないでしょ。

候補者のサイトに具体的なこと書いてないこと多い

区がコピペを要求してくるので、仕方なく1個1個地道にアクセスしましたが、ここでも課題が多い。

全員が全員といいませんが、政策書いてるページ見ると、何を目指すかの「What」は書いてあっても、どう実現させるかの「How」がない。もちろん書けないこともあるでしょう。ただ、「How」がないとだいたいみんな同じに見えるんですよね。

高齢者に優しい、子どもたちにも優しい、災害対策ちゃんとする、雇用の創出エトセトラエトセトラ・・・

これだと決め手にならないと思うんだよなあ。

そもそも調べようと思っても探せない

その後、新聞やテレビ局など報道系のサイトを巡ってみたんですが、「統一地方選」で検索して一番上に出てくるNHKですら、扱ってるのは市町村長選まで。市区町村議選になるとページすら存在しない。とにかく候補者へのアクセスのしづらさがヤバいです。

情報調べるプロの僕でも萎えたので、忙しくしてたり、検索慣れしてない人は確実に離脱すると思う。

前回の目黒区議会議員選挙の投票率は39.35%。少なくともこの状況だと、なかなか変わらないんじゃないかなあ。。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート特典としてテスト的に、これまで3万件以上のタイトルをつけた僕が記事のタイトル協力します。気軽にご相談ください。

ありがとうございます!参考になれば嬉しいです♪
9

桜川和樹

NAVERまとめ編集長。LINE MOOKの立ち上げ担当/九州芸工大→R25式モバイル→LINE/モバイル編集歴15年/雑誌『ケトル』連載中Twitter→https://twitter.com/sakucchi

編集生活

編集にまつわる日々の思いつきなどをぼちぼちと更新していきます。

コメント1件

特にNHKのくだり、めっちゃ共感します!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。