見出し画像

3万以上のタイトルをつけた僕が考える「語彙の広げ方」

WEB編集歴15年を超え、これまでつけてきた記事タイトルは、3万はくだらない@sakucchiです。最近ではタイトルの相談をされることも多くなりましたが、外部のメディアの方とお話すると、結構な確率で質問されるのがこちらです。

タイトルをつけるとき、どうしても似たような言葉ばかり選んでしまい、新鮮味にかけてしまうことに悩んでます。どうやったら語彙って広げられますか?

すべてのケースに当てはまるわけではないですが、語彙とは言葉をたくさん知ること(だけ)では広がらないというのが、僕の持論です。

※ここからは課金とさせてもらいますが、コルクラボや現役編集ライター・コミュのタイトルワークショップでは話したことなので、受けた方は買わなくても大丈夫です。もちろん買っていただいてもOKです笑

語彙に悩む人の陥るパターン

この続きをみるには

この続き:952文字/画像3枚

3万以上のタイトルをつけた僕が考える「語彙の広げ方」

桜川和樹

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート特典としてテスト的に、これまで3万件以上のタイトルをつけた僕が記事のタイトル協力します。気軽にご相談ください。

ありがとうございます!参考になれば嬉しいです♪
48

桜川和樹

NAVERまとめ編集長。LINE MOOKの立ち上げ担当/九州芸工大→R25式モバイル→LINE/モバイル編集歴15年/雑誌『ケトル』連載中Twitter→https://twitter.com/sakucchi

編集生活

編集にまつわる日々の思いつきなどをぼちぼちと更新していきます。
3つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。