【営業の教科書NO.22】語尾の使い方

~今日のポイント~

・語尾にも色々選択肢がある
「。」「!」「 」など
・丁寧=正解ではない
・相手のテンションに合わせる
・相手が受けて嬉しい対応は、自分が受けて嬉しい対応である
・TPOを踏まえて使い分ける

~ラジオ内容はこちら~

「ありがとうございます」の語尾の使い方であなたがうれしいと思うのはどれですかというアンケートを取らせてもらいました。「 」と「!」と「。」ですが、一番うれしい「ありがとう」は「!」です。「!」は強調という意味なので、ありがとうという言葉を強く伝えているわけです。

感謝の言葉や気持ちを伝える時はやっぱり強く気持ちを伝えてもらったほうが相手側はうれしいというのは、全員が共通して持っている気持ちというか、全員が理解できると思います。

自分のメールやチャットのやり取りでどういう文言を使っているか、ちょっと振り返ってほしいと思って送らせてもらいました。当然ながら一番うれしいのは「!」ですが、けっこうビジネスマンが使っているありがとうは「ありがとうございます。」が多いと思います。これはビジネスの現場だと丁寧=正解である、無難であるのでそこに合わせるというケースがけっこう多いのではないかと思いますが、でも一番うれしいのは「!」なんです。場合によっては使い分けたほうがお客さん側や上司や先輩、コミュニケーションを取る相手が喜んでくれますということをお伝えしようと思います。

◆ポイント①丁寧=正解ではない

丁寧だから正解ではなく、正しいメッセージやメールの使い方は相手が正しく理解してくれて行動を起こそうとか気分が明るくなった、うれしいとかポジティブな感情を持ってもらうというところがメールメッセージの送る意義、または考え方なので、そこを逆算して考えたときにどの送り方がベストかを考えてもらう必要があります。

たとえばありがとう・・・というメッセージをもらったとしたら、この後何が続くのだろうと不
安になりますよね。これだとありがとうの気持ちが伝わっていないので意味はないです。ではどうすればいいのかというとありがとう!で送るのがいいということです。

ただポイントは、「!」さえつけておけばいいというわけではなくて、無難なのは丁寧に「ありがとうございます。」で送ることです。どういうときに!を送ればよいかと言うと、どういうタイミングで!を送れば相手に喜んでもらえるのかです。

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を300円、あるいは、月額1,980円の営業4.0実践ゼミにご参加ください。

●営業4.0実践ゼミとは
「営業の悩みを0にする」をテーマに、営業ノウハウ・考え方を学ぶコミュニティです。詳細は下記URLをご確認ください。
https://hiroshi-sasada.com/lp/sales4-register/

この続きをみるには

この続き:1,044文字

【営業の教科書NO.22】語尾の使い方

笹田裕嗣@営業コンサルタント

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

イノベーションハック株式会社COO/営業職専門オンラインサロン営業勉強会代表/営業代行 スタートアップの経営、オンラインサロンの運営、営業代行などなどやってます。

3

ささパンダラジオ

営業やキャリアに関する質問に営業コンサルタントの笹田が全力でお答えしています!リアルタイムですぐに聞きたい人は、LINEに登録してください!LINEでは営業質問以外にも、営業に役立つ情報やイベントの案内をさせてもらっています。 ▼LINE登録ページはこちら https:/...
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。