見出し画像

絶対にやってはならぬ間違い

我が家のキッチンは冷蔵庫の左にパントリー、右に食器棚がある。

パントリーの下のほうはお米や仕込中の味噌や梅酒なんかがあるけれど、中段より上は食品以外のもの、救急箱や学校からのプリント類や文房具なども入っている。

この、パントリーと冷蔵庫と食器棚間の入れ間違いが多発している。

そのすべてはわたしのシワザだ。

体温計がないと思ったら冷蔵庫から出てきた。
洗い終わった食器を冷蔵庫にしまおうとしてハッとする。
、、、冷蔵庫へ間違えて入れるぶんにはあまり害はないので、どんまい!と自分に言うだけだ。

卵を買い忘れた!と思って息子におつかいを頼んだらパントリーに先に買った卵が入っていた。
お弁当のおかずの残りをお昼に食べようとお皿に載せたものが食器棚に入っていた。
、、、冷蔵庫に入れたつもりで入ってない場合は、ちょっとがっかりする。モノによっては食品をダメにしてしまう季節、本当に気をつけねばならない。

自分にそろそろイエローカードを出さねばと思うほどにミスが多かったので、ここのところはちょっと気を張っていたのだが、
両サイドの入れ間違いに意識がいきすぎていたのか、先日、上下での入れ間違いをしてしまった。

そう、冷蔵庫と冷凍庫だ。

家の冷蔵庫は一番下が冷凍庫、その上が野菜室になっている。
ちなみに先に言い訳をするようでかっこわるいが、
実家の冷蔵庫は一番下が野菜室、その上が冷凍庫だ。

実家の冷蔵庫は長期の休みに帰省したときくらしかさわらないのに、その位置関係がごっちゃになってしまうことがある。
以前にも一回やってしまった、あの失敗。

“レタスを冷凍庫に入れる”

生きていればいろんな失敗はあるけれど、この “レタスを冷凍庫に入れる” は、おそらく5本の指に入るほどやってはいけないし、救いようがない。
しゃきしゃきレタスのサラダが食べたくてレタスを買ったのに、冷凍庫に入れたレタスはチャーハンかスープにするしかない。
息子たちはしゃきしゃきレタスのサラダは大好きなのに、しんなり温かいレタスは不評だ。
レタスを作ってくれた農家さんに直接謝りたいほど。
値札に生産者名が入っていたのでとりあえずその場で名前付きで謝った。
冷凍庫に入れられたレタス、きっと「おーい!冷えすぎでっせー!」と言っていただろう。
その声に気づくこともなくのほほんと過ごしていた自分を責める。

左も右も、上も下も、間違えてはならない。

特に、レタスを冷凍庫に入れてはならない。

もう、ほんとに。肝に銘じよう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです!
4

サミダレ

たわいない日常の中にある、くすっとすることや、ちょっといい話が好き。 書くことも好きだったような気がして、noteを書いてみています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。