0の衝動

なにもかもを0にしたいと突然思うようになる


ラインの友達もメールも、悩みも生活も



それは自己を終わりにするということではなく
いま関わるものを無くす感覚というか


部屋の整理をしていたら急になにもかもがめんどくさくなって、プリントも本もぐちゃぐちゃにしたくなるような


そんな感じ


なにか辛いとか悲しいとか
そういうんじゃないんだけど


化学の実験のように
これ0にしたらどうなんだろうっていう好奇心


最悪かな
最悪だろ


SNSだって、ブロック一つでもう終わり
関係性なんてそんなもん

メールも削除一つだし

悩みは、まぁほとんどが人間関係だから
生活はまぁ自ずとと変わるのかな

ふと、もし自分が他人にとって0にされることが頭に浮かぶ


なんともない
いや、やっぱり悲しい


機械を通じたお別れでも感情がでてくる
これはどういうことだろう

文字に感情は乗らないのに

実際に会わなくなったぶん
人を考える機械が増えたのかもしれない

接する時間よりも考える時間

だからこそ0にしたくなるし、0にしてはいけないとも思う

それを断ち切ったら
やっぱり悲しいから

みんながみんな0の衝動をもってる
そんなもんなんだろう

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございます。いろんな本とか、音楽とか、経験とか今までずっと考えていてことを、外に向けて発信しようと思い日々noteしています。何か読んでくださった方に少しでも変化が起きたのならそれほど嬉しいことはありません。

本当にありがとう!

さとう

日々思ったこと、感じたこと、気づいたことを自分の内に秘めておくんじゃなくて、文字にして外に表現しようと思い始めてみました。読んでくださった方が一つでも、どんなに小さいものでも、何かが変化したと思っていただいたのならそれほど嬉しいことはありません。よろしくお願いします!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。