見出し画像

何時でも何人でも誰とでも。困ったらとりあえず「民俗村」第五回

「日本で今流行っている芸能人は誰ですか?」

私が明確に覚えている中では初めての、お店の方とのコミュニケーション。
お会計時私がまごついているときに、イライラするどころか会話をしようと声をかけてくれた。お会計のとき大体まごついて焦ってしまうので、妙に安堵感を得たのを覚えている。

(ちなみに「渡辺直美」と答えて会話は盛り上がった)

20年以上東中野でお店を開いているお母さん(店主)の料理は、私の中で一番うまい韓国料理屋であるだけでなく、そのサービス精神が嬉しくて、お腹空いたとき、外したくないとき、とりあえず困ったら民俗村に行ってしまう。

サービス精神で強く記憶に残っているのは、企画メシ忘年会を実施したときのことだ。

20人超えの多人数で民俗村を利用したことがなく、お店のキャパシティをほぼ埋める人数だったので勝手がよく分からなかった。
また、迷惑にはなりはしないだろうか?という気持ちもあったが、そんな気持ちは杞憂で終わった。

予約のあと、何度か人数や時間調整でお店に再訪したとき、韓国のフェイスパック10枚入りをくれたり、会の後お土産用の韓国のりをくれたりしたのだ。しかも「親の分も!」と言って合計3パックくれた。

予約の段階から会終了に至るまで、まるでこちらの不安を見透かすかのようにきめ細かく優しく対応をしてくれた。もちろん会自体も。

「お客さんに楽しんでもらいたい」という純粋な気持ちが嬉しくて、
ちょっと飲みながらご飯食べたいときや定食屋的に利用したいとき、仕事帰りによく立ち寄っている。そこでも一人客でアルコールなしでお会計が安価でも嫌な顔せず対応してくれる。

とにかく優しくて親しみやすくてサービス精神旺盛。会うたび行く度どんどんファンになっていく。

ちなみに最近はお母さんと、近所の銭湯でもよく会う。
そして銭湯で私を見つけては、炭酸飲料を買って渡してくれるのだ。

SHOP DATE
民俗村
住所:東京都中野区東中野5-4-8
営業時間:17:00~翌07:00(L.O 6:30)
A131901/13127860/定休日:なし
https://tabelog.com/tokyo/A1319/

企画メシ4期の有志で寄稿するコラム集、「コラム街」。
そのほかの執筆者のコラムはこちらから!
https://note.mu/bookandmusic/n/n918043f2d2f2

#東中野 #コラム #民俗村 #韓国料理 #企画メシ #コラム街

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

せと せつこ

ウェブメディアの営業。31歳。独身。

日々の様々な疲れに様々なエスケープ場所in東中野

日々疲れる。毎日違う疲れが私を襲う。その時々に私が逃げ込むエスケープ場所したためるコラム。愛して病まない東中野を舞台にご紹介。
1つ のマガジンに含まれています

コメント1件

素敵なお店でした!!!ご飯も美味しかったし、温かい雰囲気でした。

>そして銭湯で私を見つけては、炭酸飲料を買って渡してくれるのだ。

というのもすごい。
せとさんはお店の人と仲良くなるプロなのでは!と思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。