コラム街

はじめての〇〇! 寄席編

このコラムは、僕の初体験を文字と絵で説明し、皆さまの初体験ハードルを下げようという企画。今回は初めて寄席に行った話。

落語はすこし興味があるレベルで、知っている落語は片手で数えられる程度。帰省のときに飛行機の機内放送で聞くぐらいだが、気になっていたので行ってみることに。

落語が演じられる演芸場「寄席」は都内に4箇所あるらしい。年中無休で、「昼の部」と「夜の部」があり、約10日ごとに出演者が変わ

もっとみる

曖昧な世界

ミラーワールドという世界が出来つつあることを最近知った。
ミラーワールドとは現実がデジタル化された鏡像世界のことらしい。

世界はどんどんデジタルと混じり合い、電脳コイルのような世界になるのだろうか?

それはそれでワクワクする。

私は個人的にリアルの体験に価値観の比重を置いている。
しかし、今後ミラーワールドが現実になり、
現実(リアル)と仮想(ヴァーチャル)が混じりあっていることが自然な風景

もっとみる

独身のわたしにできること。

ベビーラッシュ到来中。サークル仲間たちのお子が3人も同級生である。
どの子もぷっくぷくの薄毛のブサイクでめちゃくちゃ可愛い。(褒めてる)

私は24歳までには当然結婚しているものと思い込んで生きてきた為、25歳を迎えた瞬間、今まで感じたことのない「もう終わった、すべてどうでもいい…」という虚無感を味わった過去がある。

でも、「まあいいや、逆にどうでもいい」になるまでは早くて、そこからあっという間

もっとみる

年表を眺めながら#6『無知を自覚する』

わからないことをわからないまま放置する能力。子どもから大人になる過程で、みんなこの能力を大なり小なり身に付けていき、自分がわからないことがあっても、「別に大丈夫」になっていく。

2007

2007年、ぼくはまだイラストレーターには1ミリもなっておらず、英日翻訳の仕事をはじめた。その仕事は国際ニュースに関するもので、海外で撮影されたニュース映像をたくさん見た。当時、イラクではイラク戦争の影響で国

もっとみる

枷と幸とフレームと

大人になってからというもの、100パーセントの力を出す機会がめっきり減りました。

部活の頃のように、それさえやっていれば何もいらない、そんな訳にはいきません。
特に家族が増えたり、年齢が上がるにつれて課されるタスクはどんどん増えていきます。

やるべきタスクから逆算して余力を配分する。

その術を身につけることこそが、大人になる、ということなのかもしれません。

とここまで考えてみて、自分は大人

もっとみる

編集者って、必要ですか?(小説編集者の「先生には言えない話」⑥)

ここ10年くらい悩んでいる。

編集者って、出版社って本当に必要なのだろうか?

出版社に限らず、テレビ・音楽・映画など、
作品を世に出す業界(以下メディアと呼びます)は、ずーっと勘違いしてきたのだと思う。

自分たちは、才能があるクリエイターを「発掘」し「育て」、「プロデュース」する力があると。
だから作品から得られる収益をもらうことができると。
そんな風に、ちょっと偉そうにしていたところがある

もっとみる

#6 「自律の時間」

2月半ばからフリーランスになり、もうすぐ5ヶ月が経とうとしている。
今回は、フリーランスになってからどんな風に生計をたてていたのか?をご紹介したい。

※私の経歴
新卒でIT系のシンクタンクへ入社し、ソフトウェア開発等のプロジェクト管理に従事。
その後、社員10名以下のフェーズのAIスタートアップへ入社し、AIプロジェクト全体の横断マネジメントを行い、 技術と顧客ニーズをつなぐ。
営業・提案・海外

もっとみる

はじめての〇〇! フォトスタイリング編

このコラムは、僕の初体験を文字と絵で説明し、皆さまの初体験ハードルを下げようという企画。今回は初めてフォトスタイリング教室に行った話。

僕はデザイン会社のディレクターで、一眼レフは普通に使える程度。仕事でも撮影(指示)は多いので、一度しっかり学んでみようと申し込んだ。

フォトスタイリングは総合デザイン
スタイリングされた写真は自然に見えるが、それは「自然を装った、作り込んだデザイン」だった。実

もっとみる

最小で最大

最小の空間と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?

マッチ箱の中、細胞の中、、解釈の仕方で捉え方は様々かもしれません。

しかし実際に私たちが現実で体験できる最小空間というと、
家、浴室、押入れの中など、実際に体感として体験できる空間の最小単位は限られてきます。

ましてや大人になり身体が大きくなってしまうと物理的にもその数は減ってくると思います。

空間デザインはそういった限定的な空間の中でも快適

もっとみる

自分の信号 他人の信号

鉄道にも『信号』がある、ってみなさん知ってました?
私は鉄道会社に入るまで知りませんでした!
だって信号って交差点にあるものでしょ!?
線路に交差点なんてないじゃない!(あります)

車にしろ電車にしろ、みんな信号に従って運転します。
信号とはつまるところ、「安全を保障する担保」なわけですから、それを信じて行動するわけです。

もちろん信号に従っているだけでは不十分なわけで。
高速の合流だったり、

もっとみる