磯崎新と藤森照信の「にわ」建築談義【六耀社】

磯崎新 藤森照信 著
A5判/280頁/3,400円+税

現代建築界の巨匠磯崎新と藤森照信が語る「にわ」と建築の話し
日本庭園、イギリス庭園、イスラムの庭園はじめ、古代祭祀での神が降り立つ空間や磐座、さらにはコルビュジエの空間や近代における庭など、古今東西の「建築」の外にある外部空間について、現代建築界を背負う建築家 磯崎新 と 藤森照信 の二人が、熱く語り合った対談録。自身の「庭」も公開する。

磯崎新と藤森照信が建築を取り巻く「庭」について語る対談集.
建築と密接に関係を持ちながら,ほとんど語られてこなかった「庭」の歴史や成立背景などが言語化されていく.
たとえば,平安時代に成立した浄土庭園は白い小石で州浜をつくるなどして,浄土宗における死後の「極楽浄土」を再現した.
このように「庭」は生と死との関係や,素材としての土,石,水,緑を扱う側面があり,それはモダニズムが扱わなかった領域である.

「建築」の周辺にありながらもまったく違う言語でつくられる「庭」を顧みることで「建築」への別の視点を切り開けるのではと思わせる.(fkd)


出版社のウェブサイトはこちら

Amazonはこちら


掲載号はこちら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

よろしければシェアをお願いします!
11

新建築社

BOOKS─書籍紹介

建築・都市・まちづくりにまつわる書籍の新刊・近刊を紹介していきます(本記事は雑誌連載コーナー「BOOKS」の転載記事となります).週2回更新予定.また,本アカウント以外の紹介記事もピックアップしていければと思います!
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。