新建築社

歴史の建設 アメリカ近代建築論壇とラスキン受容【東京大学出版会】

江本弘 著
A5判/400頁/6,000円+税

19世紀から20世紀前半のアメリカ建築界がみせた「ジョン・ラスキン」という問題への異常な執着とは何か.アメリカ建築の出自と伝統を問う熾烈な派闘争のなか,ラスキンの思想がどのように参照され,批判され,忘却され,評価されたのかを綿密に追跡することを通して,近代建築史成立の根幹を描き出した画期的論考.

『建築の七燈』や『ヴェネツィアの石』などを著した建

もっとみる

大阪都心の社寺めぐり-地域のお宝さがし-19今宮戎神社

■商売繁盛の神様。「えべっさん」の圧倒的なパワーをもらおう!■
祭 神:天照大神、事代主命、素戔嗚尊、月読命、稚日女命。
所在地:〒556-0003 大阪市浪速区恵比須西1-6-10

■由緒■
当社は、聖徳太子が四天王寺を建立したさい(推古9年=601)、西方守護のために勧請されたことに始まるといいます。平安時代後期には、西門で開かれる「浜の市」の守護神として当社の「戎神」(=事代主命、以下「え

もっとみる

非統一的な個人主義が生み出した都市─日本の醜さについて 都市とエゴイズム【幻冬舎】

井上章一 著
新書判/235頁/800円+税

個人主義で自己主張の強い欧米人とくらべ、日本人は集団主義的で協調性があり、「和をもって貴し」とする民族だと言われてきた。しかし、ひとたび街に目をむければ、それはまちがいだと気づく。
利権まみれで雑多な東京。くいだおれ太郎やかに道楽など人形だらけで幼稚な大阪。“千年の都”と称されながらスクラップ・アンド・ビルドをくりかえす京都。

ローマと東京、ヴェネ

もっとみる

丹下健三氏の姿をあぶり出していくインタビューシリーズ(聞き手:藤森照信)─「戦後モダニズム建築の軌跡」目次

『丹下健三』再販します!

2020年のオリンピック・パラリンピック東京大会開催を控え,2020年とその後の社会についてさまざまな議論が交わされています.こうした中,あらためて前回(1964年)の東京大会を振り返り,その時,建築家は何を想い,何を未来へ託そうとしたのか,多くの施設を手がけた丹下氏の言葉と設計を通して,その思想の一端を識ることができるのではないでしょうか.

現在,準備中.購入申込フ

もっとみる
住宅特集3月号は特集「平屋という選択──風土と暮らしを繋ぐ床」!
29

戦災復興計画と文教地区計画/戦前と戦後,ふたつのオリンピック/大阪万博とエコロジー

この度、『丹下健三』の再刷が決定しました。
再刷プロジェクトへご協力頂いた方、ありがとうございます。現在、印刷の準備を進めております。
再刷への応援(先行申し込み)をしてくださったお客様には優先的にご案内する予定ですが、この度、一般購入申し込みの受付も行うこととなりました。
再刷の折、購入ご検討の方は下記フォームに記入の上、ご送信ください。続報がありましたら、先行申し込みの方に次いで、優先的にご案

もっとみる

理論と現実,建築と都市─プロジェクト・アウトノミア 戦後期イタリアに交錯した政治性と建築【鹿島出版会】

ピエール・ヴィットーリオ・アウレーリ 著 北川佳子 訳
四六判/220頁/3,200円+税

アウトノミアとは戦後期イタリアで興った自律運動である。そこに身を投じたミリタント(闘士)たちは政治的な考え方によるイタリア建築理論を繰り広げた。そしてA.ロッシ、アルキズームを建築史の中に位置付ける。

アウトノミアは,1970年代のイタリアで労働者運動の後に訪れた知識人階級の政治運動.戦後資本社会に立脚

もっとみる

グランドデザイナーとしての内田祥三/日本工作文化連盟とモダニズム

この度、『丹下健三』の再刷が決定しました。
再刷プロジェクトへご協力頂いた方、ありがとうございます。現在、印刷の準備を進めております。
再刷への応援(先行申し込み)をしてくださったお客様には優先的にご案内する予定ですが、この度、一般購入申し込みの受付も行うこととなりました。
再刷の折、購入ご検討の方は下記フォームに記入の上、ご送信ください。続報がありましたら、先行申し込みの方に次いで、優先的にご案

もっとみる

地形から見る団地─団地図解 地形・造成・ランドスケープ・住棟・間取りから読み解く設計思考【学芸出版社】

篠沢健太 吉永健一 著
B5変型判/140頁/3,600円+税

団地はどれも同じ…だなんて大間違い。地形を生かしたランドスケープ、コミュニティに配慮しつつ変化に富む住棟配置、快適さを求め考案された間取りの数々。目を凝らせば、造成から植木一本まで連続した設計思考が行き届き、長い年月をかけ育まれた豊かな住空間に気づくはず。あなたも知らない団地の読み解き方、教えます。

建築やランドスケープの設計者

もっとみる
住宅特集3月号は特集「平屋という選択──風土と暮らしを繋ぐ床」!
24

アイリーン・グレイ 建築家・デザイナー【みすず書房】

ピーター・アダム 著/小池一子 訳
A5判/320頁/5,400円+税

「家は住むための機械ではない。人間にとっての殻であり、延長であり、解放であり、精神的な発散である。外見上調和がとれているというだけではなく、全体としての構成、個々の作業がひとつにあわさって、もっとも深い意味でその建物を人間的にするのである」(アイリーン・グレイ)
「あなたの家で過ごした二日の間に、その家の内外のすべての構造に

もっとみる

純度の高い建築を/プレコンでつくった銀座ショッピングセンター

この度、『丹下健三』の再刷が決定しました。
再刷プロジェクトへご協力頂いた方、ありがとうございます。現在、印刷の準備を進めております。
再刷への応援(先行申し込み)をしてくださったお客様には優先的にご案内する予定ですが、この度、一般購入申し込みの受付も行うこととなりました。
再刷の折、購入ご検討の方は下記フォームに記入の上、ご送信ください。続報がありましたら、先行申し込みの方に次いで、優先的にご案

もっとみる