見出し画像

フェスの現場から考える、日本の生きづらさの正体、その2。フェスに正装はないのに…。 #フェスティバルウェルビーイング

先日、アースガーデンのフリーペーパーに広告記事をいただきました。シュッとした防水・ハイカットのシューズ「PALLADIUM パドルプラス」の広告。

フェスの現場から考える、日本の生きづらさの正体」なんて記事を書いて、たくさんの人に読んでもらったんですが、広告記事もフェスから見た日本の生きづらさをテーマにさせてもらうくらい、自分の中で大きな課題のようです(笑)。今回は、服についてのお話。

シュッとした防水 ・ハイカットのシューズ「PALLADIUM パドルプラス」

9月の3連休、2泊3日のキャンプインフェスへと行ってまいりました。ほぼ毎年雨が降るフェスだったけど、事前の天気予報では、どうやら今年は晴れみたい。とは言え、山の天気は変わりやすいので天気予報を信用すぎるのも怖い。

画像1

そこで選んだ足元はPALLADIUMのPAMPA PUDDLE LITE WP+(パドルプラス)です。何がいいかと言えば、丈夫ながら薄い生地で涼しく軽量。そして、防水でハイカット。シュッとしたシルエットもかっこいい。9月くらいの野外フェスって、夜は結構冷えるけど、昼はTシャツでも汗をかくほど暑くなったりします。そんなときに、昼でも夜でも、雨でも晴れでも対応できるパドルプラスはとても便利。これって、野外フェスをもっと自由に遊ぶために必要な要素だと思うんです。

フェスに行くためには ”正装” でなくてもいい。どんな服を着たっていい。

野外フェスといえば、全身をアウトドアブランドで固めるのが、ある種のセオリー。各メーカーから出ている登山靴は、防水、疲れにくさなど野外フェスで遊ぶために間違いない選択です。ただ、どうしてもゴツく、厚くなってしまう。素材や加工の進化で蒸れにくくなってはいますが、暑いなと感じる。そして、あのゴツさは良くも悪くも、ウェアを選びます。アウトドアっぽい格好との相性は良いけど、それ以外だとちょっと難しい。

日本のフェスには「フェスっぽい人」がたくさんいます。フェスに行くための “正装” を揃えなければフェスには行けないかのよう。でも、もっと自由でいいと思うのです。

画像2

今年の6月、イギリスで行われた「グラストンベリー・フェスティバル」に行ってきました。18万人が、5日間のキャンプインで楽しむ。50年も歴史がある世界最高峰の野外フェスです。そこにいたお客さんは、みんな自由な格好をしていました。

デニムを履いたり、ボタンシャツを着たり、もっと奇抜な格好をしたり、水着でフラフラしていたり。足元も、スニーカー、サンダル、ブーツと様々です。野外フェスだからって「フェスっぽい人」でなくても良い。どんな服を着たっていいのです。

天候からも、重さからも、スタイルからも開放されて、自由に野外フェスを楽しむための靴

でも、防水は大事。足元が濡れてしまうと、寒いし、テンションが下がります。盲点なのが、キャンプサイトの朝露。うっかりサンダルで朝の散歩に行ったりすると、ずっぽりと濡れてテントに戻ることになります。高さのある芝生でも、ハイカットなら安心です。

どんな洋服にも合わせやすく、軽い。それでいて、防水機能がしっかりしている。

天候からも、重さからも、スタイルからも開放されて、自由に野外フェスを楽しむためPALLADIUMのパドルプラス、めちゃくちゃアリだと思います。

<<追記>>

生きづらさと関係なくない?どんな格好をしても良い、と言いながら、フェスっぽい特定の靴を薦めてない?ってコメントをいただいたので、ちょっと補足します。

Q 生きづらさと関係なくない?

ぼくは「フェスっぽい服装が"正装"のようなフェスの風景」に違和感があって、それは「みんなと同じであることを求められる日本の空気」と重なるんです。僕にとって、それは生きづらさと関係がある。もちろん、みんなと同じ方が本当に居心地がよいって人には、関係ないと思います。僕にとっては、です。

Q どんな格好をしても良い、と言いながら、フェスっぽい特定の靴を薦めてない?

パラディウムのこの靴は、細身でシュッとしているので比較的どんなスタイルにでも合わせやすい。でも、フェスで足元濡れるとしんどい。どんな格好をしていてもフェスを快適に過ごせるから、この靴をおすすめしています。

About PALLADIUM

パラディウムは、航空機専用のタイヤメーカーで培った技術を応用し、1947年からラバーソールブーツの製造をスタート。フランス軍より砂漠で使用できる軍靴というリクエストを受けて、ブランドのアイコンとなったパンパシリーズが誕生。70年の歴史を経て、オーセンティック感と特徴的なソールに加え、最先端のデザインを合わせ持つフランス発ブーツブランドとして、世界80ヶ国で展開している。

画像3

PALLADIUM「PAMPA PUDDLE LITE WP +」
¥13,800+tax
SIZE:22.5-28.0・29.0cm

PALLADIUM 
http://www.palladiumboots.jp/


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

将来的に「フェスティバルウェルビーイング」の本を書きたいと思っています。そのために、いろんなフェスに行ってみたい。いろんな音楽に触れてみたい。いろんな本を読みたい。そんな将来に向けての資金にさせていただきます。

67

葛原信太郎 / Shintaro Kuzuhara

フェスはもっと人や社会の役に立てるはずって思いから #フェスティバルウェルビーイング を考えています / Nujabes好き / 横浜札幌二拠点居住 / 編集と野外フェスが仕事のフィールド / 執筆はMeet Recruit、クロスディーなど

フェスは社会の役に立てる #フェスティバルウェルビーイング

フェスに仕事で関わる視点から、フェスが持っている可能性について考えていきます。
1つ のマガジンに含まれています

コメント2件

僕はアウトドアがすきでアウトドアに半分使って仕事をしていますが
フェスも好きでSLSは初回から参加などしています

がおっしゃることすごくわかります。

フジならまだしもほかのフェスであまりにもそういう感じがあって。

もっと自由になりに来たんじゃないの?って
ごとーさん、コメントありがとうございます。

好きでその服を来ているならいいんです。でも、なんとなく、右見て左見て、そこからはみ出ないように。って考えている気がして。

はみ出ないほうが心地よい人もいるんだろうから、それはそれで難しいですけどね。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。