見出し画像

植物を育てると優しい人になれる、気がする

好きな人もいれば、嫌いな人もいるし、どっちでもない人もいる。

何歳になっても、人間関係って、やっぱり難しいですよね。

僕は、人間関係に悩める人は優しい人だと思っています。

まぁ「優しい」って色々だと思うのですが、

どちらかというと「お節介焼き」くらいの優しさを持ってる人。

考えすぎちゃうんですよね、

「自分の発言は正しかったのだろうか」とか

「あの人は何を考えているんだろう」とか

「どうすればいいのかな…」とかとか。

植物と一緒に暮らしてみるなんて、どうでしょうか。

植物といっても色々でして。

種類によって水をやる頻度や、太陽光の当て方が違うんですよ。


育て方が正解なのか、それとも間違っているのかなんて、

すぐには分からないんです。

数日、数週間後に成長してるかが目に見えて分かるわけでして。

植物はリアクションがすぐさま返ってこない分、

付き合いを長い目でみれます。


そして植物は声に出して喋らないので、

僕たちは「目」と「鼻」と「肌」をフルに使って感じてあげようとします。

季節によって太陽の位置が気になったり。

天気が良い日は、なんだかいつもより倍嬉しい気持ちになったり。

人との距離感も、こんな感じで良いのではないでしょうか。

反応をすぐさま気にしないことも、

天気が良いだけでなんだか幸せそうだなって思うことも、

言葉じゃないものでコミュニケーションを取ろうとしてみることも、

ちょうど良いなって思うことが多々あります。

―――――――

平岡充乃介のこと
横浜のヨガスタジオのこと
他のコラムとかエッセイとか
Instagramを見てみる

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございますナマステ!
8

平岡充乃介

広島生まれ。南インドの大学院でヨーガ療法学修士課程を修めました。サイエンティストな雰囲気を醸し出したいヨギーです。ヨガとかインドっぽいことを書いてます。続きはwebで www.studio-sahana.com/home

エッセイ

思ったこと色々です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。