観葉植物3

今回は「ガジュマル」
わりとみんなが育てている「幸せを呼ぶ木」
あの葉っぱの数がなんと言えないくらい可愛い。
この幹の形が気に入り買いました。
天空の城ラピュタみたいな形です!

最初は可愛かったのですがだんだん葉っぱが伸びてきました。

そろそろ剪定の時期ですね。
大きくなってきているんですが気持ち曲がって育っている気も…

#観葉植物 #観葉植物インテリア #観葉植物インテリア #盆栽 #ナ

もっとみる

観葉植物ネットショップで見つけた蘇鉄の言い伝えや寿命について

お気に入りの植物を見つけるために、観葉植物ネットショップに訪れようとする方が数多いでしょう。
the Farmで売られているソテツ(蘇鉄)8号は、全体の高さが約80cm、鉢の高さが約26cm、直径約23cmです。

販売価格は9,720円(税720円)で在庫数4、全体の高さは約80cmと高めです。
鉢の高さは約26cm、直径約23cm、宅配サイズはLLサイズ、定番商品として扱われています。

庭木

もっとみる

ボタニカルな音楽制作の日々。

この春夏、シングル「Cactus」がキッカケになり、僕はこれまで以上に観葉植物に夢中になりました。

もともとキッカケは、友人であり今作でコラボした内田朝陽さんが多肉植物を買った日の記憶を音楽に残したこと。この曲は自分史上もっとも順調なペースで再生いただいていて、現在13.5万再生。その記念に、僕も本格的に多肉植物、そして観葉植物全体に目を向け始めました。

そんな僕の自宅スタジオ。Cactusも

もっとみる
ありがとうございます。ひとつひとつが励みになります。
15

植物と夏と豊かさの話

今日は休みらしく様々なことをした。

東京都現代美術館で開かれているTokyo Art Book Fairに行った。佐久間さん本人に出会えてとても嬉しかった。彼女のZINEを2冊買った。とても混んでいた。このことについてはまた後日書きたい。

その後、清澄白河の<ALLPRESS ESPRESSO>で久々にコーヒーを飲んだ。以前は現美のすぐ近くに住んでいたので、夫(当時は彼氏)も家が近かったので、

もっとみる

クロトン、植替え。

お久しぶりです。
あー忙しい忙しい。なんとなく忙しい。

そんなこんなで早7月半ば。

さすがにもう植物の植替えやらんと。
今日は少し疲れててすでに夜の9時ですが久しぶりにやります。

まず植え替えるのは先日買ったクロトン。
こちら。

鮮やかな黄色にひとめぼれして買いました。
うちに持って帰ってきた途端、派手でビックリでしたが、
最近は見慣れてきました。
可愛い。丈夫そうだし良いよね。
クロトン

もっとみる

観葉植物2

植物を育てていてこれはほしい!と思ったものが「ユッカ」

やっぱり大きいのが邪魔というのと、どうしても大きくして家の角にかっこよく置きたいというのがあったので、12センチのユッカを買いました。

最終目標はこれくらい!
何年かかるのか…
そして僕のユッカは水をあげた次の日は必ずキノコが生えますww

#観葉植物 #観葉植物インテリア #観葉植物インテリア #盆栽 #ナツハゼ #ガジュマル

もっとみる

植物きろく25「ポトスのポトス」

水で育つ観葉植物。

前に一度書いている。

今も元気に育っている。

伸びてカットしてを繰り返している。

新芽がすぐに出る。

パソコンデスクの端から垂れ下がるような形になっている。

水の入った容器の上にぴよっと2枚あるのが最近出た葉。

上に伸びてくれるのは歓迎。

画面を見る時に視界の緑のボリュームが増えて目の癒しになっている。

(写真の下に続きがあるよ)

「ポトスのポトス」

スタ

もっとみる

観葉植物

最近はまってしまったものがあります。
観葉植物です!
観葉植物でも塊根系など様々ありますがその塊根系、多肉系にはまってしまいました。

ハマりにくく、やめにくい。
これが僕の特徴でもあります。
てことで一気にはまってしまい買ってしまったので順番に紹介していきたいと思います!

結構メジャーな「パキラ」

生命力、だいぶ強いです!
月一の水で乾燥気味がすきです。
新芽が出やすく風、水分、日光が大体あ

もっとみる

フェス

運がいいことに今年は4つのフェスが決まりました!
日程を書きます♪

8月17日、18日(土・日)
やましろアートマーケット
場所 山代温泉商店街

9月7日、8日(土・日)
森の青空アート
場所 津幡森林公園

9月15日、16日(土・日)
さばえクラフトマーケット
場所 鯖江

10月 (富来)詳細不明

立て続けにフェスが続くのでたくさんの在庫を作

もっとみる

観葉植物を育てよう

先日、以下のつぶやきを投稿しました。
その時は、つぶやきで充分だと思っていました。

しかし、一度花を落とした植物に、来年も花を私に魅せてほしいと願いながら、毎日毎日、せっせせっせと、水やりをする切なさを考えるとき、
つぶやきでは伝えきれない事柄があることに気付かされ、
今、こうしてテキストとして、再度投稿しております。
タイトルは、同じにしようか悩んだあげく、

観葉植物を育てよう

に決まりま

もっとみる