朝ごはんの主菜は

私は朝ごはんの時間が好きで、おいしいパンがあったり、ヨーグルトがあったり、コーヒーを淹れたりすることを楽しみに起きています。

昔からそうで、目がぱちっと開いた時、真っ先に考えるのは朝ごはんのこと。

でもね、最近だんだんと食欲が減ってきて、たくさんは食べられなくなりました。朝ごはんは大好きだけど、モリモリは食べれない。

おいしいパンやコーヒーや、炊きたての土鍋ご飯。

そういう幸せな食べ物

もっとみる

人にどう見られたいかではなく、自分がどう在りたいか。ローランド様のお言葉が心に響き過ぎた話。

人にどう見られたいかではなく、自分がどう在りたいか。
モノを選ぶにあたって彼が言った名言である。

自分が人にどう見られたいか。
自分がどう在りたいか。
この言葉って似ているようで実は全然違う言葉だ。

歌舞伎町界で有名なホスト、ローランド。店舗No.1のホストのイメージなんて、大金を稼ぎ、住む家はとにかく高級、とにかく広い、高級ブランドは山のように買い、自慢の腕時計を身につけて接客をしている。ビ

もっとみる

「プクプクワークショップ」を始めた3つの理由

はじめに

先週末、初めての「プクプクワークショップ」を開催しました。
noteの最初の記事で書いた
「今後やりたいこと」の1つでもあったこと。

発酵食品作りの中でも、
自宅でも簡単に作れて且つ毎日取り入れやすい
『塩麹』と『醤油麹』にフォーカスし、
その作り方・
それらを使用したレシピを紹介すると共に、
「健康」「美容」「食育」「家族の幸せ」「自信を育む」 などを叶えるためのサポートをするワー

もっとみる

“置き勉”について語ります

去年、小学生の“置き勉”の禁止が話題になりました。
ぼくも、それに関してのイラストを投稿し、改善される事を願いましたが…
今年の終業式では、どうだったのでしょうか。

当時…
Twitterで他の方の“置き勉”に関するツイートを見た時…
ぼくも、教科書でいっぱいになったランドセルで歩くのが辛かった事を思い出しました。
しかも…
そこからさらに荷物がプラスされる事もあって…「終業式の帰り道は大変だっ

もっとみる
ぬおーっ!! 本当にありがとうございます!! 最高に嬉しいですっ!!
13

イライラと処方箋

疲れていたりお腹が空いていたりして余裕がないと、些細なことにイラっとしてしまうことがある。

むかむかムカムカ

胸の奥の方に溜まっていって、頭の隅の方に黒いのがこびりついていく。

違うちがう、こんなことが言いたいんじゃないのに。
こんなことにイライラしたくないのに。

いやだいやだいやだ

コミュニケーションをとるのに、言葉を出したら、傷つける言葉を出してしまうのがわかるから、そういう時はさっ

もっとみる

腑抜けたからだに 掻き集めて。

この数日濃厚すぎて、振り返らないと、魂がいろんなところに散らばったままで、唯つになれない。そんな心地なので、つらつら書きます。

先日、Yogee New Waves のライヴに初めていきました。

TOUR BLUEHARLEM 2019

とても感動した。心の奥底に潜った矢先、まだまだ先にある未知の世界へと駆け巡ることができるって、光のあるほうへと心を導いてもらった。とても気持ちがよかった。

もっとみる

丁寧な暮らし

まぁ朝はだいたいバタバタと忙しい。
どこのご家庭でも同じだろうと思います。

いつものように相方は朝食を、わたしは息子のお弁当を作っている。

いつもより早く息子が起きてきた。
手が離せない。
あっという間に登校時間はやってくる。

行ってらっしゃい。

夏休みのはずだけどほぼ毎日学校へ行く。
高校生は忙しいんですね。

息子はお布団を片付けてくれていたようだ。
奇麗にたたまれたお布団。
いつもぐ

もっとみる

【ベト日記2】時給1000円で馬車馬のように働く日本のカフェバイトと、時給100円でダベりながら働くベトナムのカフェバイトの話

前回に引き続き、ベトナムの人件費、働き方について。

■時給1000円で馬車馬のように働く日本のカフェバイトと、時給100円で5、6人がダベりながら働くベトナムのカフェバイトの話

■ほっといても果物が落ちてきて絶対に飢えず、外で寝てても一年中死なない国、ベトナム VS 狭い農地に労働集約させて頑張って農業して村人から嫌われないように空気読まないと死んじゃう国、日本

ベトナム人は労働時間が長いよ

もっとみる
ボロを出すことこそボロを出さぬこと私はロボットではありません
6

いつもの風景を

マラケシュに住んでいると、当たり前だが日々いつも通りという訳にはいかない。

ここは海外ということもあるけれど、毎日何が起こるか予測不能なのだ。大袈裟でなく。

例えば、日本の生活でいう、コンビニで買い物して家に帰るということが、マラケシュではスムーズにいかないことがある。

それは、お目当ての買いたいジュースやお菓子が品切れだったり、道中に思わぬトラブルに巻き込まれることだってある。

お菓子な

もっとみる