甘い

 安さだけが自慢の軽で、峠を登る。
 風の無い月夜の晩に、無粋なエンジン音が響き渡る。街中だって迷惑だろうが、森の中だって迷惑がられそうだ。
 ここにだって、眠ってる奴はいる。

 ぐねぐねと何度も道を左右に曲がり、細かった道が少し、開けた後のカーブ。
 他より新しいガードレールが白く反射するその場所。
 何度も車が来ていないか確認して端ギリギリに駐車した。

 エンジンはつけたまま。開けてある窓からラジオが漏れる。様々な音が静けさを許さない。
 ただ、一番けたたましいのは心臓の音だろうか。

 車から2つの缶コーヒーを取り出す。1つはガードレールへ。

 1つは、手にしたまま。

 

 
「間違えてお前の好きなヤツ2本買っちまったんだよなぁ」

「甘いから苦手なんだよ。そもそも缶コーヒーが苦手だわ」

「バイクは……流石に辞めたよ」

「家族が出来た」

「家族がさ、出来たんだよ」

 

 時間が流れる。それは残酷な事だと思っていた。

 缶コーヒーのプルトップを開け、ぐいっと一口飲む。

「あま……」

 文句を言いながらもう一口。

 無理矢理飲み干して、缶を握りしめ、思い切り振りかぶって

 


「……ハッ、投げねーよ」

 置いておいた缶コーヒーを手に取る。

「これはやっぱ持ってくわ。……お前はもう、こんなとこに居ないだろ」

 細い缶でもグリップの感触には程遠いな。そんな事を思いながら見上げると、天の川が広がっていた。
 時間は、切なくとも優しく流れるのだと、漸く素直に感じられた。


ただ、心臓はまだ煩い。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

39

雪人形

最近また小説を書きはじめた遊び人。レベルはあがっても賢者になんて転職しない!※クリエイター問い合わせは見てませんのでご用の方はTwitterへどうぞ 【小説家になろう http://mypage.syosetu.com/696274/

こちら世界制作委員会 #シェアードワールド

シェアード・ワールド関連のノートを入れていきます。

コメント44件

おこちゃまは甘いの好きだもんね わしゃ、甘すぎは苦手じゃ……わしも、大人だなこりゃ
覆面編集者さん!この感じで褒めてたら24時間かかっちゃうwww
しかもあのお声で言うんでしょう?応募さらに殺到しちゃうwww
やっぱりいろんな意味で諦めた。苦渋の決断w
何故かスキが増えてるから、ちょっと書いておこうw
『月夜の晩』が重複なのは分かっててやっておりますです。
|д・) ソォーッ…

『かごめかごめ』のリズムに似せて、少し違和感を与えて、不思議な空間への演出のつもりだったけれど、気にする人なら気にしすぎて先を読めなかったりするかもだから、次からはこの手法やめよう(;´∀`)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。