見出し画像

SHに求めるもの

今回は質問の多かったSH(スクラムハーフ)についてです。

以前質問箱でいただいた質問に対し、回答している部分があるのでこちらについてより一層深く書いていきます。僕自身高校2年生でSHを経験しているので、その観点からも実際にプレーして感じたこともお話します。


■第1条件 パススキル

第1条件としてはパススキルです。正確無比なパス能力はスクラムハーフの絶対条件だと思います。また、ラックに寄るスピード(コースどり含む)、BDからの捌くスピード、パススピードは練習で培うことのできるものだと思っております。

〇正確無比なパスとはとても抽象的なので詳しく書きます。理想は20mぶれたり、落ちることなく目標まで一直線に投げられること。最低限15mは投げれてほしい。一番大切なのはコントロールの中でも、キャッチする選手がスピードを落とさずに捕ることができるパスをすることです。

〇ラック(BD)に寄るスピードは大切ですが、なんでもかんでも早ければ良い訳ではありません。誰よりも早く着けばよいのかもしれませんが、BDがクリーンな状況でなければ捌くことができないので、捌く状況ができる直前に到着することが理想です。早く着いてしまうこともあるのでその場合は、密集周辺のオーガナイズをしましょう。


■第2条件 空間察知(予測)能力

第2条件は空間察知(予測)能力です。ATにおいてスペースがどこにあり、ボールをどこに運ぶかをイメージできる必要があります。ただ順目に捌くことがよいとは限らず、またチームの声がなくても自分でスペースを生み出し、攻めることができると強みになります。DFにおいてはSHは唯一フリーなポジションを取ることが多いため、臨機応変な動きが必要になります。そのため、BD周辺のコントロールもしかり、BKラインに入ることもしかり、時にはBK3の役割もするオールラウンダーだと思っています。そのためATとは逆に生まれたスペースを埋める役割が必要です。

〇AT、DFのどちらにも共通することですが、今あるスペースを自分自身で見つけることはSHというポジション柄から、比較的難しいです。その場で、スペースを探すのであれば、外側の選手の声を聞くほうが早いでしょう。では、どのようにSHはスペースを見つけるのでしょうか?答えは、予測です。よく、スペースは作り出すものというように、今なんのためにそのプレーをしているのかを考え、どこにスペースができるのかを常に予測し続けることが重要です。


■第3条件 キックスキル

第3条件としてはキックスキルです。ゴールキックを蹴れというわけではありませんが、BDからのhigh puntや裏へのグラバーキックなどスペースを攻略するための選択肢としてSHからのキックオプションがあるチームはとても対応がしづらくなります。

〇練習すべきキックの種類はhigh puntとグラバーキックです。このオプションがあるメリットとしては、攻撃の幅が広がるからです。時には、ピンチを脱出することもできるからです。後者の話をすると、SHの位置が一番プレッシャーを受けにくいといことがあります。なので、SHとSOのhigh puntであれば使い分けはどう行っていますか?という質問があったのですが、それはプレッシャーがあるかないかで判断しています。SHの方が、確実に蹴ることができるという利点があります。

〇実際にhigh puntであれば理想は28m先に落とすこと。また滞空時間は4秒。これはあくまで個人差があるので、コーチによって変わる部分があります。20mという方や、25mという方もいます。ですが、すべてに共通していることは、high puntの目的です。目的はボール再獲得です。距離や時間は異なりますが、キックの成功としては競ることができたのか?が重要です。欲を言えば長い距離で競ることができれば最高の形ですが、ミスキックでボールをプレゼントするよりは、短くてもいいので確実に競ることのできる選択をしましょう。


■ここで差をつけろ!

第1条件は上のレベルに行けば行くほど、その差は誤差になります。同じポジション(SHの場合)で差をつけるなら第2.3条を意識して練習をすると気づいた時には大差になります。

〇high puntに関しては、練習として自陣10mと敵陣10mを挟んで練習するとよい目印になります。実際に、その付近で蹴る機会が多いと思います。また、距離、滞空時間の話はしましたが、もう一つ大切なことがあります。それはタッチからの距離です。絶対に5m~15mの中に落とすようにしましょう。もし、相手にキャッチされてもDFを始めるときに1wayで始めることができるので、下がりながらセットをしてATをしてくる相手にプレッシャーを与えることができます。


■余談

3つの条件を決め、詳しく説明してきましたが、これらを上回るほど大切なことがあります。それは、コミュニケーション(オーガナイズ)能力です。

では、これはどういうことなのでしょう。SHというポジションはとても難しい立ち位置で、FWとBKをつなぐ架け橋になるポジションです。特にSOの要求をFWに伝達し、動かすことが必要になります。なので、絶対的に無口なSHは上記の3つの条件を満たしていても、伸びしろはありません。また、チームになじめないでしょう。

特に、FW周辺を行き来すことが多くBDをオーガナイズする場面が多いので、必死に頑張っているFWにわかりやすく、かつ端的に指示する必要があります。SHとSOを合わせ、ハーフ団と呼ぶように、ゲームメイクを行うのはどちらか一方ではなく、SHとSOの両者で行うものなので、そこでの意思疎通はとても大切です。人一倍走り続けるSHですが、頭も同時に使い続けているポジションだということを知っていただきたいです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも読んでいただきありがとうございます。 一人でも多くの方に読んでいただき、ラグビーをより楽しんでいただけるようこれから頑張っていきます。 コメントお待ちしています!! よければスキもお願いします。

コメントお待ちしています(^^)/
20

岸岡智樹/Kishioka Tomoki

枚方RS/蹉跎中学/仰星高校/早稲田大学/Rugby Player

理想のポジション

rugbyは15人で行うスポーツなので、僕目線でそれぞれのポジションの理想像を書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。