デザインの散文_004

3年前のポートフォリオ、私はこれで入社した

今の実力を知るためにポートフォリオを掘り出して見ました。色々と赤ペンをつけたくなります。誰得か分かりませんが全ページ公開しているのでご参考にどうぞ!ちなみにデザイン関係の職についていなかったので、個人で請け負ったり自主企画が殆どです。

全ページはこちらより(データ重めです)

Schooアドベントカレンダー3日目の記事でしたー


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ここまでスクロールしていただけて嬉しいので、間違いなく嬉しい。

ス///
52

竹下 想

タケシタ ソ 美術家/デザイナー 芸術活動は「死から不死へ」をテーマ/ 芸術写真の実践の場 「Plot」主宰 / 株式会社Schooのデザイナー アートディレクションなど試行錯誤中…つづく。1989年宮崎生まれ http://sotakeshita.com/

デザインで試したことノート

デザイナー個人としても、デザインチームとして未熟。思考を構造化するために試したことをまとめるノート(超不定期)
4つ のマガジンに含まれています

コメント2件

ソくんは昔から作品で語るタイプの男だったね。
「このポートフォリオは御社のために作ってきました」という一言目が今でも印象に残っています。成果物の完成度もさることながら、その姿勢に感銘を受けたことを覚えています。これは貴重なドキュメンタリーだね。
コンペの審査員からコメントをいただいたような気持ちですwありがとうございますw
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。