市川裕康 (メディアコンサルタント)

(株)ソーシャルカンパニー代表取締役 (www.socialcompany.org) 国内外のデジタルメディア、ブロックチェーン関連のトレンドについて調査・コンサルティング・執筆等に取り組んでいます www.linkedin.com/in/hiroyasuichikawa/

コミュニティ運営ツールとしてのSlackの可能性

話題のビジネス対話アプリスラック(Slack)、その直接上場という手法やたった3ヶ月で時価総額が3倍の200億ドル(2兆1500万円)に、という部分が話題になってます。一方で個人的に気になっているのはSlackが持つ生産性向上ツールとしての側面、そして学びを豊かにするコミュニティプラットフォームとしての活用法です。少し思っていることを綴ってみます。

以下は過去12年ほどに渡って教育分野で利活用さ

もっとみる

「ビットコイン・ビリオネア」〜ビットコインを理解するための映画脚本としての書籍

フェイスブック先日発表した27の企業や団体と共同で発行する新しい仮想通貨「リブラ」。サービス開始は来年の2020年とまだ先ではあるものの、ここまでのリリース内容だけでも大きな話題を巻き起こしているようです。圧倒的な利用者を抱えるフェイスブックが手がける「未来のお金」に対する期待と、プライバシーやデータ管理に対する懸念など、反応はまちまちです。

ただ自分も含め、まだまだ全容を十分に掴みきれてない、

もっとみる

世界旅行をしているかのような気にさせてくれるニューヨークタイムズのポッドキャスト〜The Daily

ニューヨークタイムズが2017年2月から提供しているポッドキャスト番組、「The Daily(ザ・デイリー)」。今では毎日200万人が視聴し、アップルのポッドキャストの人気ランキングでトップ10に入るほどです。

先週目にした以下の記事に触発され、欧州議会選挙に至る欧州各国におけるナショナリズム、ポピュリズムのムーブメントをカバーする番組を先週毎日聴いてみました。

月曜日から金曜日まで、ドイツで

もっとみる

ニューヨーク・タイムズが社内記者向けのデータスキル研修講座のコンテンツを公開

2019年3月年末時点で電子版と紙媒体を合わせた購読者数の合計がのべ450万人を誇るニューヨーク・タイムズ。社内用に開発した記者向けのデータスキル研修用の資料を公開、というニュースがとても気になりました。

一時期は「データ・ジャーナリズム」ということばが話題になり、記者もプログラミングを学ぶべきだ、という議論もありましたがどうしてもゼロからプログラミングを学びのは難しい、ということで一時期ほど話

もっとみる

『インターネット・トレンド』レポート2019年版。38億人が利用するインターネットの今

インターネットのトレンドに敏感な方にはお馴染みのレポート、有名ベンチャーキャピタリストであるメアリー・ミーカー氏による『インターネット・トレンド』レポートの2019年版が6月11日に公開されました。毎年恒例のレポートは今年は333ページ。大きな潮流を知る上でとても示唆に富むデータが満載です。気になる点を備忘録的に書きとどめてみます。

発表された場所はこちらも毎年恒例のテック系カンファレンスの 「

もっとみる