明確な同意のない性行為は違法

少し前、ある大物芸人が「明確な同意のない性行為は違法」に関して、(男の立場として)「冷める」と発言して賛否両論があったけど、

同意を得るのが「冷める」って、それは前回定義した、ただの「性癖」だと思う。少し抵抗するくらいのオンナに興奮するという。
それを、多数意見のように発言するのが、まさに多様性を見逃している、自分を「普通」と思い込んでいる証拠。


日本では特に、女性はsexに対する意思を表明しない的な考え方が好印象。sexしたがる女に対して「冷める」人は男は多いのかもしれない。


かくいう私も、「若い女性(10代から20代前半)が、年上の男性に犯されるシチュエーションが一番興奮」するわけで、
「いや」「やめて」とか少し抵抗するプレイが好きなのである。

だから、相手とは、同意の元、そういうプレイをする。


何年か前に、ホテルに行った男性は、それはそれは優しく。
気分が高まった私が「いや」と言ったら、力を弱めて、私の様子を伺い、同意を待ってくれたことがある。
まあ、私は確かに「冷めました」。

でも、sexはお互いにすり合わせをしていく、パートナーと作り上げていくものなわけで。

一方的に、「sexとはこういうものだ」と自分の考えを押し通すのは犯罪となる。
嫌がっている人(女性に限らず)にsexをするのは違法。絶対に。



一般的に男性は、どうしても女性より力が強い。
どんな必死に抵抗しても、男にすれば、子どもが叩いてきたのと同じようにしか感じないだろう。
女性からすると、男が押さえつけてきたら、もう殺される恐怖を感じる。

だから「sexしただけ」 と男が言っても、女性は行為の最中に「殺される」と感じることがあります。
実際、負いかぶさってきている、体重で抑え込んでる、腕で抑えてる、身体の内部に堅いものを入れられている、痛い、足や腕など痛い体制を強要されている状況で、同意がなければ、とにもかくにも恐怖。


私も、お互いに同意があっての相手とのsexの最中、ちょっとした体位で「痛い」「苦しい」「恐怖」を感じることがあるんです。
でも、同意があり、身を許している相手なら、それを伝えて改善してもらえる。
その安心感がなければ、身をゆだねられない。

色々な性癖・フェチも認められますが、相手の同意を得ることが基本。
こんな当たり前のことを、なかなか皆が認めないのはどうしてなんだろうか。

フェチや性癖、興奮するシチュエーションが、ぴったり合う相手と巡り合えることが、とても幸せなことなのかも。

そのためにも、もっと「フェチ」についても、ないものとせず、広く認知される世の中になれば…。
自分でも気づいていない、フェチ・性癖が、必ずあるはず。

ただ、それは本当にプライベートなこと。
誰も、それを軽んじたり、暴いたり、蔑んだりしないように。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

こんな拙い文章に、ありがとうございます。うれしいです。
1

sonoko

50歳を過ぎた。もう若くはない。でも、相手がいて一応恋愛をしている。50歳でもsexや恋愛ってするんだ、って自分ながら驚く。っていうか、いつまでするんだろう?何歳までするんだろう?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。