マスターベーション

うつらうつらな自分の世界

実話に基づいたフィクション、語りながらその世界の中に。

自分で想像した出来事が、後から思い起こしてみたら実はすでに経験したことだったりする。

僕のマスターベーション、自分で作った世界。

もっとみる
ありがとうございます^^/
1

やる気なかったけどやってみた🌝

とりあえずお目当てのものが届くまでのしのぎで、目に付いたものをAmazonで購入し
一昨日届きましたよ。

最初に書いた記事で
中指の骨にヒビが入り
「オ○ナニーのしすぎじゃね?」
と突っ込まれたことにより
実際、セックスもオナヌーもご無沙汰だったワタシですがちょっと考えさせられたきっかけにもなっております。

しすぎどころか
まったくやってねぇww

これはアダルト〜を提供したいわけではな

もっとみる
感謝感激あめあられ(*´з`)

あとは届くのを待つ('ω')

秋ですねー

栗の季節だ🌝

モンブランたべたい🌰

ちなみに指は治りました。

たまに痛いけど。

さて

吸引グッズ

いろいろありすぎて迷ったんですが

ようやく購入('ω')

ほんと迷った。

もうダイソンでいいんじゃね?ってなげやりになりましたもんね。

サティスファイヤで13種類

ウーマナイザーで10種類

他にもいろんなやつがあってもうわけわかめ。

最終的に選んだのはコレ↓

もっとみる
感謝感激あめあられ(*´з`)

もまいは〇〇派

先週の日曜に左手薬指を負傷しまして。

ずっと突き指かと思ってたんだが
首ヘルニアのリハビリついでにレントゲン撮ってもらったら

なんとヒビがwww

それで
SMショーに出れなくなるハメに(;o;)

最近仕事でもプライベートでもまったくなので
欲求不満だぜ🌝

しかも
左手薬指見た人々からは

「オ○ナニーのしすぎやろww」
とか言われる始末🌝

まあ、そういうことにしときますが。

実際

もっとみる
感謝感激あめあられ(*´з`)

マスターベーションは「悪いこと」?

マスターベーションに耽る「問題児」だった私

 世の女性たちのほとんどがマスターベーションをしたことがある、と初めて知ったのは19歳だった。衝撃だった。いつ、何がきっかけで「性器をいじくると気持ちがいい」ことを知ったのかは記憶にないが、幼稚園から小学校低学年にかけて、私はマスターベーションを咎められてばかりいた。ソファの肘掛に擦り付けているところを、父親に後ろから肩を叩かれて。毛布の中に潜み、ズボ

もっとみる

爆発した性欲

かれこれ2年近く、セックスをしていない

処女だった時以来初めての経験

女は30歳すぎると性欲が強くなるなんて聞いていたけど、真逆。

私の場合はどんどん性欲が無くなっていった

最初は不安だった。

”セックスをしなくなる”ということがなんだか怖かった。だからせめて…という気持ちでマスターベーションをしていた。完全に義務感。

そんなギムベーションは続かず、”セックスのない生活”が当たり前にな

もっとみる
へへへへへ♡
4

明確な同意のない性行為は違法

少し前、ある大物芸人が「明確な同意のない性行為は違法」に関して、(男の立場として)「冷める」と発言して賛否両論があったけど、

同意を得るのが「冷める」って、それは前回定義した、ただの「性癖」だと思う。少し抵抗するくらいのオンナに興奮するという。
それを、多数意見のように発言するのが、まさに多様性を見逃している、自分を「普通」と思い込んでいる証拠。

日本では特に、女性はsexに対する意思を表明し

もっとみる
嘘なく書いていきます。よろしくお願いします。
1

続・あなたのsexは「普通」?

次に行為のsexについてですが。

異性愛志向の方々は、挿入・射精 が最終到達点という考え方が多いかもしれません。
しかし、それこそが、小説や漫画、AVなどの先入観の影響が大きく、「女性は挿入されれば快感を得る」という間違った思い込みにもつながっていると思います。

ペニスのあるなし 関係なく、sexは成立するのですから。

【オーガニズムについて】

そもそも、ペニス挿入のsexで女性がオーガニ

もっとみる
一人でも読んでくれる人がいると励みになります。ありがとうございます。
1

配信後記~下ネタ

配信日:2019/6/16
トークテーマ:徒然なる下ネタ

キーワード
○下ネタを考える
○下ネタ傑作選
○下ネタは世界を変える

この番組の流れは

オープニングトーク
アーチスト情報
★トークテーマキーワード1
ザンボキッチン
★トークテーマキーワード2
めけめけの音楽解体新書
★トークテーマキーワード3
次回トークテーマ

となっていて、これは7年間やってきて、定型化したスタイルなのですが、

もっとみる

「マッサージ機でオナニー」は本来の使い方だった!?

AVなどでおなじみの、電動マッサージ機によるオナニー/前戯。オナニーに特化したものをバイブ、マッサージに使うためのものをマッサージ機と呼んでいるが、実はそもそも、「マッサージ機」は、女性のオナニーのために発明されたものであったことはご存じだろうか。

 十九世紀末のヨーロッパでは、女性の間に、奇妙な精神病が流行していた。現在ではほとんど見られないその病気は、「ヒステリー」と呼ばれた。感情や衝動、激

もっとみる