見出し画像

コンサルよ、社内の友情に感謝せよ

困惑のカリフォルニア出張からようやく帰国したお嬢とヒルズ氏。そしてさらなる困惑は東京の地で続くのだ。(前回


私は日本が嫌いなわけでも、カリフォルニアが大好きなわけでもないのだがどういうことだ? 帰国便がこんなにも憂鬱だなんて。さぁ楽しいことを考えよう、帰国したら寿司、蕎麦、饂飩、豚骨ラーメン、、、いや豚骨ラーメンはパスだ!

◆フレームワークという装飾

羽田空港からタクシーに乗る。すでに新橋居酒屋で会社員がくだを巻く時間なのだが、向かうは当然の如くオフィスだ。

「ヒルズさん、大丈夫ですか?」

お嬢氏に心配される。
どうやら相当顔色が悪いようだ。

「あぁ、、なんとか、、、」

声を振り絞り、ヒルズに向かい中指をたてそうになる。


カリフォルニアからの帰路、機内での時間はほぼ提案書の修正に費やされた。某飲料メーカーへのごり押し営業。搭乗前に新人Boy氏から送付された提案書(案)を開き、そして絶望。

中身、薄っぺらすぎだろ、、、? 

無駄に綺麗なスライドを眺める。
画面に並ぶ、丸、四角、三角、矢印、、、

コンサルタントの得意技、フレームワークとは罪深い存在だ。本来は強力な思考ツールなのだが、ともすれば「全然知らないけど、よく考えた風に見せるための装飾」として機能してしまう。そんなデコレーションに酔いしれるのが仕事だと勘違いする者の多いことよ。

今やるべきことはスライド作成なんかじゃない、クライアントとの対話だ。ヒアリング項目を挙げた方がよっぽど有益なフェーズ。提案書を急ぐ社長も社長だが、真に受ける方も問題だ。溜息をつき、提案書と見せかけたヒアリング資料を作る。

あぁ、眠い。

新海監督作品でも眺めて眠りにつきたい、いやボヘミアンラプソディーもいいな、ウィーウィール ウィーウィル ロッキュー!!!!


、、、ちきしょう。

結局ほとんど眠れなかった。機内での錯乱状態を思い出し苛立つ最中、胸元のスマホが静かに揺れる。

角刈り氏だ。


◆残酷な実力主義

「あ、ヒルズ君お疲れ様。提案書の件だが、、」

あー、機内で手直ししましたよ。手直しというか抜本見直しというか、、今向かっているので後程説明します、、、えぇ、えぇ、、

え?

えぇ?

プロジェクトを、、、は、外れた?


「というか、マネージャーから降りることになってね」

今後は"コンサルタント"として頑張るよ。ははは。


角刈り氏、突然の降格ーー。

乾いた笑いに目を見張る。団塊世代の悲劇という前科があるとはいえ、よっぽど社長に嫌われたのか。角刈り氏、上司としては明らかに難ありだったが、それは彼を採用し登用した者の責任だ。気の毒にもなる。

「すまないが、今日は帰宅させてもらうね」

何と声をかけていいかわからず「わかりました」とだけ告げる。

次第に近づく東京タワーをぼんやり眺める。

ふと前職を思い出す。所属していた時はあれほど嫌だった、年功序列の古い人事制度。今となっては暖かさすら感じる。

ないものねだり、かーー。


◆ヒルズの友情

「「「おかえりなさーい!」」」

ドアを開けた途端、妙にテンションの高い出迎えをうける。

(お嬢氏さん、大変でしたね)
(何かあったら言ってください)
(ヒルズさんもよくぞご生還を!)

ひそひそと声をかけるコンサルタントたち。どうやら、カリフォルニア隣室事件は既に共有されていたようだ。

熱い抱擁を交わす、お嬢氏と爆乳総務。

ヒルズ砂漠でこれほどの友情を目の当たりにするとは。角刈り氏降格からの反動だろうか、なぜかジーンときてしまう。いや、単なるセクハラ未遂事件の結果なのだが、、、私め、疲れているな。


さっさと切り上げて帰るか。

コーヒーを片手に、新人Boy氏から現状把握を試みていた時だ。


フロアの空気が一変する。



「ヒルズ君、ちょっと」

社長が現れた。

次へ


Twitter: @soremajide



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは全て執筆中のコーヒーとおやつ代にあてられます。少しでも気に入ってくださった方、執筆者に続編に向けたエネルギーを与えてやってください。

君のスキに感謝する。また来ていただければ幸いだ。
22

戦略コンサルタント@ヒルズ勤務

コンサルタントに憧れるお前、コンサルタントに騙されたお前、コンサルタントに疲れたお前、コンサルタントが何かわからない情弱なお前、とにかく読んでいけ。 最新の情報はツイッターをフォローしてくれ。 Twitter: https://twitter.com/soremajide

コンサル会社に転職したらブラックだった日記

大手優良日本企業から自分の居場所を求め、中規模コンサル会社に転職したヒルズ氏。狂人奇人だらけの新天地で生き延びることはできるのか?

コメント1件

こちらに失礼します。ヒルズさん、お忙しいのにすみません。
わざわざ私の受験英語関連のものにまで目を通して頂いて。

yoshilogさんにも伝えたのですが、何とか受験英語と実践英語の融合を目指して、
日本人でも英語が書ける話せるなど英語4技能に少しでも役に立てたらと思っています。

ヒルズさんがどれだけ超多忙なのかは分かっていますので、返信はお気遣いなくですよ。U
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。