0→1フェーズのPM(プロダクトマネージャー)のあるべき姿

プロダクトマネージャーに求められる役割として、以下のアジェンダで説明させていただきます。

・はじめに
・プロダクトマネージャーの役割
 ・プロダクトに対して、全責任をもつ
 ・プロダクトのドメインを誰よりも熟知して、売れるプロダクトをいち早く作り出す
 ・エンジニアリング、ビジネス、デザイン、(あわよくば、マーケティング)についての幅広い知識を有する
・まとめ

はじめに

現在、リテールテック

もっとみる

プロダクト人間がコンサルをやってる理由

※この記事はリンクトイン上に書いた"Why is this product guy doing a consulting business?"の本人が和訳・加筆したものです。

「スケールしないことをやれ」(原文、和訳)いうのは、ポール・グレアムのエッセイの中でも大好きな物の一つです。

ポール・グレアムはYコンビネータを設立し、ファイブスターズ(*)はそこから生まれました。ファイブスターズ草創期

もっとみる

一時帰国中、8月からまた行きますto サンフランシスコ(次回は現地からインスタライブしますのお知らせ)

ということで、一時帰国中です。
やることいっぱいで、ちょっと更新できなくてごめんなさい。
8月2日から22日までまたサンフランシスコです。うわぁ。
制作やりながら、レッスンもしながらで、まぁ色々と大変ですが。
運命の時流に乗って行きたいと思います。

さて、日本帰ってきて写真整理してたら、昔のデータとか出てきたので、
インスタにアップしてます。一応昔は作る側の人で、東映さんや電通さんと
お仕事させ

もっとみる

「起業のファイナンス」という本はエンジニアにもわかるし、読み始めにはおすすめ!!

とりあえず、会社を作ろうとしてるならファイナンスはめっちゃ大事(あたりまえだけど)ってことがわかった。

感想

まずは、ベンチャーにとってファイナンスは重要であることが丁寧にかいてあり、読んで良かったと本当に思った。

ファイナンス系初心者で、なにげに聞いた事があるような言葉も解説してくれていてよかった。

ストックオプションとか聞いたことあるけど普通の株とどう違うか知らなかったし、どう会社に影

もっとみる
ありがとうございます!ついでに、(´・ω・`)はてブもください
6

ネット起業!あのバカにやらせてみよう!から学ぶ

感想

少し前の時代のネット起業した人たちの内容の本。その時のトレンド予測を行い突き進める勇気をくれる一冊。

失敗に失敗を重ねてしまったり、うまく行くとみせかけてくるしいときもあったり、やっぱり大変だーっと思う本。

良かったところ

・いろんな人の視点で起業する話が書いてあるところがいい。立場によって判断をどう迷うかやその後どうなったかが書いてある
・うまくいっているときは人は図に乗りやすいが

もっとみる
ありがとうございます!ついでに、はてブもお願いしたいです
4

シリコンバレーで考えたことーー加速主義の歪み・人生の使命・多様性の多様性

GOの三浦さんに誘ってもらい、1週間弱ほど、シリコンバレーへ行ってきた。(去年も行ったので、1年ぶりに)

今回はGoogleをはじめとしたGAFA企業に加え、シリーズBあたりからすでに時価総額1,000億円を超えるユニコーン企業を周り、話を聞いた。

もちろんSaaS化していく世界の最前線で起きていること、スピーディーにグローバル展開させる際のマーケットインの見極めと、個別ローカライズで肝になる

もっとみる

【コラボ企画】エンジニア限定!海外インターンをしたいあなたのための給付型奨学金を開始しました!

こんにちは!

「若者の挑戦を企業や社会が支える仕組みへ」

をミッションに掲げて“企業奨学金”という制度を広めようとしている

株式会社Cronoです!

新しい奨学金プログラムが始まりました!

この度海外インターンシップのサービスを数多く提供されているタイガーモブ株式会社さんとCronoがコラボをして

エンジニア限定!海外インターンをしたいあなたのための給付型奨学金を開始しました! (拍手

もっとみる

米国で急伸のフード・ビバレッジテックワインメーカーVintage Wine Estatesがアツい

ワインテックメーカーVintage Wine Estatesとは

サンフランシスコの「ワイン」スタートアップ企業

Vintage Wine Estatesは米国サンフランシスコのワインやスピリッツを扱うスタートアップ企業で2007年にパットローニー(Pat Roney)によって設立されました。

2018年にはAGR Partnersから7500万ドルの調達を行っており、フードテック、ビバレッ

もっとみる

シリコンバレー$$$

この春、初めてシリコンバレーに降り立った。そこは想像を遥かに超えていた。一戸建てが500万ドル以上し、テスラは納車一年待ち。ウォーリアーズは常勝軍団となり、カリフォルニアワインは高騰の一途。そして一般職の賃金でさえNYのバンカーを並みだという。

IT企業が街ごと買い取り、快適なオフィスと優良な病院、そして優秀な教員を集めた学校を作る。そしてまた人々と富が集まる。集まった人々は当然のようユニコーン

もっとみる

コンサルがM&A提案を甘く囁くわけ

社長のごり押しにより、カリフォルニアで胡散臭い投資案件対応をするお嬢氏とヒルズ氏。しかし、肝心の社長は待ち合わせの時間に現れなかった。(前回)

姿をみせない社長ーー。まさかお嬢氏により物理的に抹消されたか?と期待したが、そうではないらしい。やれやれ、穏便に視察を終わらせさっさと日本に帰るぞ!

◆緊急帰国の理由

社長からのメールを開く。
御本人いわく"日本で緊急案件が発生" したため一足早く帰

もっとみる