見出し画像

相手との向き合い方は自分のあり方 #190820

向き合うって何だろう。反対は、逃げる?
人との向き合い方という表現をする。相手に対して、自分はどう"ある"か。自分のあり方。

梨木さんの言葉は「対応」。相手の目を見ると信用を感じさせると言うが、ここで意図されているのは、自分自身のあり方だと感じた。正面切って闘うことが、自分であることの始まりというような。

今読んでいる岡本太郎さんの『自分の中に孤独を抱け』の中に、「ぼくたちは闘うために生きている」という章がある。

ぼくはいつも、八方に向かって問題をぶっつけていきたいし、闘っている男でありたい。賭けとおし、つらぬいて運命を生きる。そのためにつまらぬ目にあい、不条理に痛めつけられても、むしろ嬉しい条件として笑ってつらぬきとおす人間でありたい。

闘うとは、相手を倒すことではない。相手ありきではない。自分が、他人(さまざまな相手)たちの中で「どうあるか」なのだと思う。

常に、正体を隠そうとしていないか、心をひらいているか、相手を直視しているか、問い続けよう。

https://www.amazon.co.jp/自分の中に孤独を抱け-青春文庫-岡本-太郎/dp/441309669X/ref=nodl_

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただき、ありがとうございます! 有料noteを読んで、学びにして、また書きたいと思っています。

す・き・だー!と叫んでみると楽しいです
1

Suzu Inamoto

自分の「好き」に気づいた瞬間、人は光る。「好き」は入り口で、「嫌」を乗り越えた先に「愛」として、そこにある気がしている。

「折々のことば」に想うこと

朝日新聞朝刊の鷲田清一さんの「折々のことば」。毎日読むのが楽しみです。そこには、「ハッとすることば」があるから。 感じたことや考えたことを書いていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。