見出し画像

アルツハイマーを予防する方法が発見された!?

【サニーブルック研究所の論文で、平均年齢75歳の男女182人が対象の実験】
※ハーバード脳研究という有名なデータを使用

実験方法

①参加者に万歩計をわたして7日間の活動量を調べる

PETを使って脳のアミロイドベータの量を調べる

③被験者の認知機能をテストで調べる

** **

** 実験結果**

年齢、性別、収入の3要素を調整したら、こんな傾向が確認された。

** **

・全体の25%はアミロイドベータが平均よりも多い状態だった

・どれだけ日常の身体活動が増えても、アミロイドベータの総量には変化がない。しかし、普段からよく体を動かしている人は、アミロイドベータによる脳機能の低下が遅くなる 。同じく、よく体を動かす人は脳細胞が減る量も少ない

・心疾患リスクを調整しても、運動によるアルツハイマー予防効果は確認された

結論

運動はアミロイドベータの量を減らしてくれるわけじゃないものの、脳機能の劣化は防いでくれる可能性が高い。

〈参考文献〉
パレオな男

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ノート君

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。