ドキュメンタリーとオンラインサロン

こんにちは。
出版社で本の編集者をやっている岩崎といいます。
本が売れないといわれる出版業界で何かできないかと思い、「t.i小説編集ラボ」というオンラインサロンを立ち上げ、新しい販促について模索しています。

さて、最近、noteを何回か書いていて思ったのです。僕はズルいことをしていたな、と。
著者が書いてきた原稿に対して、しばしば僕が言ってきたことが、

「こんなの誰でも書けますよ。もっと内面をさらけ出してください」
「ここ、本音をしっかり書いてくださいよ。建前はいりません」
「〇〇さんが恥ずかしいことを、読者は読みたがっているんですよ」

これが間違っているとは思いません。読者を喜ばせて満足させることが、編集者である僕の仕事です。

でも、僕自身が、自分のことを振り返って文章にして、それをnoteで発表して、いわば著者のようなことをやり始めて……著者のみなさんは、こんな恐ろしいことを今までやっていたのかと痛感しました。

自分の考えを表明して本音を書こうとすると出てくる、自分を良く見せたいというプライド。失敗談のほうが読まれやすいと分かっていても、見栄が邪魔するんです。こんなに自分をさらけ出すことが恥ずかしいとは……。

「失敗はネタにすればいいじゃないですか」
「裸になって、足の裏のホコリまで見せちゃいましょうよ」

なんて笑顔で著者に言っていた自分をぶん殴りたい。
これまで本を出した方も、これから本を出したい方も、ただブログを書いている方も、今ではただただ尊敬の念でいっぱいです。

さて。
話は変わりますが、僕には「この人の言うことはよく当たるなー」と思っている人が何人かいます。その方々がここ数カ月、口をそろえて、「これからはドキュメンタリーが面白くなる」と言っています。

僕はその「ドキュメンタリーブーム」に乗ってみることにしました。ドキュメンタリーとは、ようするにガラス張りにすること。
なので、これから僕は、いろんなことをガラス張りにしてみます。

とくに、いま僕がやっているオンラインサロン「t.i小説編集ラボ」には、恥ずかしながらメンバーが4人しかいません。
そんなサロンが徐々に大きくなっていくのか、それともこのままなのか、もしくは誰もいなくなるのか、そういった様子をドキュメンタリーとして書いてみます。
「t.i小説編集ラボ」のfacebookグループに、何を書きこんでいるのか。
それはどういうことを思ってなのか。

とにかく、しばらくの僕のテーマは「ドキュメンタリー」「ガラス張り」です。
これを合言葉に生きていきます!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

19

#編集 #ライター 記事まとめ

編集、ライター、コンテンツ、メディアなどに関する記事をまとめていきます。
1つのマガジンに含まれています

コメント1件

「t.i小説編集ラボ」、入会させてください。
岩崎さんの慧眼に共感いたしました。

僕は1996年にExcelの解説書でデビューしましたが、当時は初版3万部で、いきなり印税が750万円という時代でした。
しかし、そもそも僕は小説家志望なので、2007年に『エブリ リトル シング』で作家に転身しましたが、特にこの5年、無名の作家さんを見て色々と考えさせられています。
名のある作家は、出版社が取材費まで負担して初版で3万部。
1万部しか売れないので在庫を抱えても、なぜかまた同じ作家に依頼する。

無名の人は初版3000部で、しかもその初版印税分(すなわち300冊)、自分で本を買えと言われる。
販促費はゼロ円。POPはゼロ枚。
増刷もかからないので結果は無収入。
見本が上がる頃には、編集者はもう次の本に取り掛かっており、メールの返信も来なくなる。

こんな作家さんがいる事を世の中に訴えたいと思っています!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。