朴一圭の新GK理論。高校・大学時代からの変化。プロになってから磨き始めた『匠の技』。

NumberWeb連載『ユース教授のサッカージャーナル』で多くの方に読んでいただけた『“ハイリスク”なマリノスを支える、GK朴一圭の視線が気になって観察。』。

このコラムでは収まりきらなかったやりとりをここで一挙紹介したいと思います。

筆者は高校時代の彼を観たことがありますが、はっきり言ってこの時はこのようなGKに、ここまでハイレベルな選手になるとは、正直思ってもみませんでした。

だからこそ、彼の成長、そして今の姿は申し訳ないが驚きしかない。

この驚きと進化の理由、そこの息づく彼のGK理論についてストレートに聞き、彼は1つ1つ丁寧に答えてくれました。

ここに彼のキャリアの変遷の中での心の変化も垣間見ることが出来ます!

では、どうぞ!

この続きをみるには

この続き:3,401文字/画像9枚
記事を購入する

朴一圭の新GK理論。高校・大学時代からの変化。プロになってから磨き始めた『匠の技』。

安藤隆人

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

これまで22年間、全国各地、世界各国を飛び回ってきました。今後もそうした活動を継続したいと思っております。もしサポートを頂ければ、これからの更なる活発な取材活動に活かしていきたいと思います!よりディープな話題、選手の本音を引き出し、有意義なコラムと写真を出して行きたいと思います。

5

安藤隆人

取材歴23年、フリー歴14年。元銀行員のサッカージャーナリスト。ユース年代を中心に活動をし、延べ40カ国を訪問。現在はNumberWebで『ユース教授のサッカージャーナル』を連載中。書籍8作。最新作は湘南ベルマーレ梅崎司の半生を描いた『15歳 サッカーで生きると誓った日』

安藤隆人の取材ノートとカメラから紡ぎ出す物語

ユース年代のサッカーシーンを中心に取材歴22年、フリー歴14年で、とある雑誌で『ユース教授』の異名を付けられたサッカージャーナリスト安藤隆人が、これまでとこれからの取材現場で集めて来た情報、培ったネットワークを活かしたコラムを展開して行きます。得意分野である選手の本音とバッ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。