働かなくてもいい話

「飛び込みとかやりたくない」
「土日出勤とかしたくない」
「ウザい上司と絡みたくない」
「面接ダルい」

京王線のガタンゴトンという音に混じって、声が途切れ途切れ聞こえる。

街が就活色に染まり出している。春だなぁと思う。

彼らの声はいろいろあるけど、とにかく「やりたくない」にフォーカスしている。

もはや「やりたくないことの後回し」をするかしないかの帰路みたいだ。

でもそれらは本当に「後回し」なのだろうか。
「後回し」は借金に近いものだと思っているひとが多い。

果たして、そのツケは後々払わないといけないといけないのだろうか。

すごいこと言うと、もはや働きたくないなら、ムリに働かなくてもいいんじゃないだろうか。

実際、お金の価値はアヤフヤになってきている。いろんな生き方ができるようになった。

Time TicketやVALUにメルカリに仮想通貨。

僕が大学生のときにはなかった生き方で、世の中が構成されている。youtubeだってInstagramだってインフラ化していなかった。

この流れはもう止まらない。どこまでもテクノロジーは加速していく。

高校生のときだ。文系か理系を決めないといけなかった。

「数学が苦手だから文系にしよう」という決め方だった。

この続きをみるには

この続き:721文字
記事を購入する

働かなくてもいい話

takuro(juJoe)

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

音楽を作って歌っています!文章も毎日書きます! サポートしてくれたら嬉しいです! がんばって生きます!

スキ嬉しい!ありがとうございます!

takuro(juJoe)

音楽を作るために考えていること

音楽を作るために考えていること
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。