高校生の時は,大学生の時は,楽しかったという言葉.
おそらく日本人にとっては,過半数以上の人たちが経験するであろう学生生活.
いろいろな思いでが僕にもあった.
「昔は楽しかった」という言葉が逃げになっていないか,意識するようにしている.
昔より今を楽しんでいるよって言いたいから.

挨拶代わりに容姿をいじる奴は地獄へ落ちろ

「前より顔色良くなったね、ご飯食べれるようになった?」
久しぶりに会った上司はそう問いかけ、私は「はい」と小さく頷いて答えた。
実際、前回会った時より気持ちは上向きだったし、ずっと化粧をする気が起きていなかったが、外出するときの身なりを気にできるくらいまでは回復していた。上司に会って、これからの仕事の話をするのは嫌すぎてほとんど目を合わせずに返事だけしていた私に上司は何を話していいか困っているよう

もっとみる

「お金」を物質として考えれば、ケツ拭く紙よりも価値が無いよね。
おしりが黒く汚れそうだし(笑)
その時の状況により、世の中はお金より価値のあるものだらけになる。どんな状況に置いても価値が常に一番高いものはなんだろう?それは命だ。でもお金の為に命を捨てる人もいるのだ。不思議だ。

首都圏より近畿圏でeスポーツにはまる若者が多い傾向

こんにちは、未来を数字にプロジェクト「若者の初体験」あれこれの調査結果ご報告です。

本日のテーマは、若者の「eスポーツ」。

インベーダーゲーム、パックマンなどから本格的普及がスタートしたコンピュータゲームの世界も、これからはスポーツの1ジャンルとしてさらに発展していきそうです。

既にプロスポーツの1つとして、選手育成やスポサードに乗り出している大手企業も存在、VR/AR技術の発展が、これをさ

もっとみる

【気まぐれエッセイ】二度目ましてが苦手です

私は、「初めまして」は得意だけど「二度目まして」が苦手なタイプの人見知りだ。ただ私が言う「二度目まして」とは、厳密に「二度目に会うこと」を指しているわけではない。お互いのことを認識しているけどこれ以上親しくなれる気がしない人とのコミュニケーション全般を指しているのだ。

だけど配達のお兄さんやよく行くカフェの店員さんのように、顔見知りになってからもずっと初対面のときと同じ距離感で接することができる

もっとみる

Renameについて|メリット・目標 編

こんにちは、広報・PRの中原です。
今回は、「背景・仕組み 編」に続く後編です。

前編で、Renameについて「タグを付け替えることで、ブランドイメージを傷つけずに在庫を処理できる。アパレル業界の在庫問題の解決につながる」と説明しました。
しかし、Renameのメリットはそれだけではないのです。

また、せっかくの機会なので、Renameによって私たちが目指すところもお伝えしたいなと思います。

もっとみる

フレキシブルを見える化したら、企業も社員も幸せになるかな?

~安井コラム#80~
どうも。クラファンにチャレンジすることで、クラファンの本質を知ってきた安井です。(現在400万。目標の600万まで残り2週間。どうなるか)

↓これがそのクラファン(良かったら見てみてくださ~い)

クラファンの話は置いておいて、今日は良い働き方とはという話。
最近、働き方改革だー!と叫ばれ、就業時間が短くなったりしているが、
その取り組みの一つで、転勤なし制度等を設けること

もっとみる

若者の5人に3人が将来の生計に不安を持っている!?

こんにちは、『未来を数字に』プロジェクトです。

10年後の収入に関する調査結果の最後のご報告となる本日は、必要金額と、獲得できそうな金額の比較から見えてくる、将来の収入に対するイメージ傾向を整理した内容です。

将来の収入イメージで、最低必要と考える金額よりも多くの収入を得られだろうと考えている場合はポジティブなイメージを、逆の場合はネガティブなイメージを持っているということができます。
もっと

もっとみる

結婚をするとパートナーを自分の友達や親戚の集まりに連れていく機会って増えますよね?

こんにちは、ふーみんです。

私は結婚当初、人見知りのぴらい(夫)を自分のコミュニティに紹介する時、なかなか距離感を縮められないもどかしさがありました。

もっと「家での素に近いぴらいを知ってほしい」のに、友達の輪に入ると、そこには緊張してガチガチになるぴらいの姿があったからです。

一対一ならまだしも、複数の場

もっとみる

勤労

勤労は産業革命以前と以降で認識を変える必要があります。

勤労が全て善であったのは、産業革命前のことです

それ以降は必要以上の勤労を悪と認識するべきだと思います。

何故かというと、人や家畜や風車などを使って必要以上に労働していても、環境に対する影響はあまりなく勤労=善であったと思います

しかし、産業革命以降は蒸気機関、内燃機関の使用により環境に対する影響が無視できなくなってきます。

もっとみる