丹波コミュニティカレッジ 初期スタッフ7人

人と会う機会

今週末は入学式!
校歌を作ったりカレーを作ったり卓球したりするみたいですが、異色な感じでとても楽しみです。

そこではいろいろな人との出会いがありますが、TCCという場がなければ一生交わることもない人もいるでしょう。

そう考えると「人との縁」というものがいかに貴重なものなのか身に染みて感じますね。

一度きりしかない機会を生かすも殺すも私たち次第です!

長田

離れていること

「あたらしい大学」が出来て、その意義を人々に説明するとき、「それは既存の価値観で生きていきたい学生にとってマイナスの意味を持つ場所ではないの?」という意識との軽い衝突を感じます。

うーん。
そのとおりですね。

でも社会は加速度的に変化する。
選択肢は劇的に広がる。
既存の価値観で生きていくことは、唯一の価値ではなく選択肢のひとつ。
自分の選んだ価値に基づいて、所属するコミュニティを決められる。

もっとみる

暖かいインターネット

”インターネット”と聞くと抱く印象は人によって違うということをSNSを見て知った。

スマホ・パソコンなどの機械を通してのコミュニケーションであるので、”冷たい”という印象があるかもしれないが、私はそう感じられない。

インターネットがもたらす緩いつながりは今までにない別の暖かさがある。

金曜担当:長田

願書続々

願書が結構出てきました。

下は18歳

上は72歳

中卒も大卒もいます。

僕も学長やりながら、学生になりました。

この人たちと作り上げていく丹波コミュニティカレッジ

ワクワクしています。

オンライン飲み会

先日、初の試みで「オンライン飲み会」を開催しました!

入学予定の方々に「お酒をちょこっと持って、PC・スマホの前にお集まりください!1時間限定で、飲み会をしましょう!」という提案をしてみたところ・・

なんと、賛同してくださった方が6名も!ありがとうございます!!

しかも、まさかのインドからも参加者が・・!!!(この目で初めてインドの大地を見ました!感動・・!!!)

インドの興味深いお話を聞

もっとみる

ぐんぐん

「じぶんが死ぬ日にしていたいこと」をたずねると塾考する方がほとんどですが、「じぶんが死ぬ日にしていたくないこと」は、ほぼ「自分にいいわけしていること」。

「きょうやること」=「死ぬ日にしていたいこと」にぐんぐん近づいていく生きかた。

design担当:ワタナベケン