R.フェデラー選手の柔らかい動き

全豪オープン4回戦

錦織圭vsR.フェデラー(スイス)[2017.1.22]

錦織選手貢献しましたが、敗退してしまいました。非常に残念です。

そこで今回は、勝者R.フェデラー選手について書こうと思います。

左膝半月板を手術してからの復帰戦で、あの柔らかい動きはさすが天才‼としか言いようがありません。

今回の錦織選手の負けの原因は、本人も言っていますが、集中力の低下だと思います。これは試合内容を見ていれば、1プレーの力の配分がフェデラーよりも多かったとわかります。

フェデラー選手は、明らかに省エネで戦っていました。さらに天才的なテクニック。35歳の天才ベテランならではの動きです。

しかし映像で歩き方を見ていると、左の腰の動きが明らかに動いておりません。ここがフェデラー選手の弱点であり、攻略ポイントではないでしょうか?



私から見た攻略ポイントは、
①単純に相手選手の体力がフェデラー選手のテクニックより勝るか。
②フェデラー選手が構えた左側にボールを集め、なるだけ左に動かし、そこから試合を組み立てるか。
③自滅するか。(集中力が低下し、ミスが増える事)

この3通りだと思います。

フェデラー選手は、左膝の怪我が原因かどうかわかりませんが、腰に関して今回の大会では、修正出来るようには思えないので、そこをどうテクニックでフォローするかが優勝するかしないかが決めると思いますよ。

天才でベテランの動き方が今後も楽しみです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

タナベケイ

東京の西で整骨院をひらいています。身体のバランスを整え患者さんとともに患者さんの正しい姿勢、健康な身体を作っていくお手伝いをしています。日々身体に携わる目線からのスポーツコラムです。 http://sin-gen.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。