テニスのストロークにおいて、後ろ足で地面を蹴る行為は、大事。今度、メモとして纏めてみます。

[操作説明]Tennis Serves Research

以下のリンクからインストール出来ます。

Google Play

app store

***操作説明***

#スタート画面(青色)

・左上の日本語ボタンを押すと、日本語に変わります。

・タイトルに試合の名前を入力してください。

・プレイヤー1、2にそれぞれ選手名を入力してください。
(タイトル、選手名はグラフに表示されます。
 未入力でも動きますが、入力した方が見返す時に便利です。)

もっとみる

「VOGUE」にテニスのシャラポワさんが登場。

「シャラポワ」という名前を聞いた事があるという方もいるかもしれない。

マリア・シャラポワさん。

ロシアの女子プロテニスプレーヤー。

美人なので時にモデルもしてしまう。

実は2016年の全豪オープンという国際テニス大会の時にドーピング検査で引っかかりしばらく公式大会に出場できなかった。

現在は復帰している。

そして昨日シャラポワさんに関する最新の記事が出た。

記事の配信元はVOGUEの

もっとみる

[アプリ紹介] Tennis Serves Research

Tennis Serves Researchという、テニスのサーブの確率を表示するスマホアプリの紹介です。使い方についても投稿するつもりですが、今回はこのアプリについて、おすすめポイントを書いていきます。よかったらお付き合いください。

リンクは以下からお願いします。

GooglePlay

App Store

ポイント① グラフで表示されて見やすい

アプリにデータを入力すると、以下のような

もっとみる

[テニス]スピンの落ちないという落とし穴

テニスにおいて、ストロークでスピンをかける方がいい、という流れがあります。確かにスピンをかけると、思いっきり打っても入る、バウンド後に伸びる、重いボールが打てる、とたくさんのメリットがあります。

しかし、スピンの落とし穴にはまってしまうと、入れたいと思えば思うほど入らない、というとても辛い状態になってしまいます。

スピンの性質を確認

まず「スピンってかけるとどうなるの?」ということを簡単にま

もっとみる

A子に学ぼう泥棒猫〜ダブルスは弱い方を徹底的にねらえ〜

泥棒猫です。

 8/16はお盆明けの初出勤。デートだったはず。しかし私達は当分会わないことにした。・・・って、終わらさんのかいっ‼と、ツッコミまくられるのを覚悟でいいますが、急に好きでいることをやめられないから。あ、とうとう開き直ったよ。ええ、まだ好きですけど何か?・・・って言い切れたらいいんだけど、ただただエゴのかたまり。

 だけど、今回は沢山のことを考えさせられた。人はどんなことからも学べ

もっとみる

錦織圭はサーブもリターンも並以下である。

*要旨
錦織のサーブとリターンは……
 - 1stサーブがへぼい → そのとおり
 - 2ndサーブは甘い、叩かれすぎ → 実は健闘してる
 - リーチが短いから1stリターンは苦手 → 平均よりちょっと悪い程度
 - 2ndリターンがすごい → 明らかに下手
つまり伸びしろたっぷり

今季の錦織はデータを見る限り、サーブとリターンを単品で評価すると明らかにパフォーマンスが低く、トップ10で最低ど

もっとみる

[テニス]バックになぜ回り込む?

テニスの試合をみていると、バックに回り込む人がたまにいます。フォアの方が強力なはずですが、なぜ回り込むのでしょうか?

この疑問は、こちらの記事で紹介した心理状態、そしてフォアとバックの違いに注目すれば解消できます。

フォアとバックを比較してみよう

まず、フォアとバックを比較してみましょう。基本的にバックはフォアよりもパワーが弱いです。そして、バックの方がフォアよりも不自由で、ショットの選択肢

もっとみる

第2章 Play Ball-指名開始-

こんにちは。GAFN corp.社員のゴイタリンです。名前の通り語彙が足りません。悪しからずご容赦くださいませ。

さて、今回からいよいよGAFN Draft×BISTROの模様をお届け致します。果たしてどんなラーメンができあがるのでしょうか。(企画説明は第1章を参照ください)

人工衛星ハヤブサ舞う!!

横綱相撲という言葉をご存知だろうか?横綱はいつだって強いのだ。どんなに体調が悪くても、不利

もっとみる

[テニス]サーブは心の手鏡?

先日、こちらの記事を出しました。簡単にいうと、選手の心理状態を見ればテニスを見るときもっと楽しめるんじゃない?という記事です。

今回はここから深掘りして、テニスにおいて1番簡単に心理状態を読み取ることができるサーブについて取り上げていきます。サーブは分析が1番簡単で、まるで手鏡のようなショットです。

他のショットと比較してみよう

サーブが1番簡単な理由は、相手の影響が1番少ないショットだから

もっとみる