髪の毛

口のなかに髪の毛がはいっていた。

とろうとしてもなかなかとれない。

つばで舌に張りついてしまっている。

口のなかに指をいれて、なんとかとる。

それを捨てたかとおもうと、また口のなかに違和感。

今度は舌の根元のほう。

飲みこんでしまうのもいやだとおもった。

口の奥に指をいれる。

指が喉の内側にさわってしまった。我慢をしようとするひまもなく、胃から酸っぱい液体が逆流してきて、床に吐きだしてしまう。

自分が吐いたものを見て、びっくりして、もう体の中は空っぽなのに、またつよい吐き気におそわれる。

それは真っ黒い毛のかたまりのように見えたが、うねうねとイトミミズのようにうごめいていた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

貧乏ですので、支援はいつでも歓迎です。数学や文学の同人誌を作ったりする助けになります。

2

淡中 圏

幼い日の思い出

幼い日の思い出を捏造していきます
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。