スクリーンショット_2019-06-04_2

自分に最適化されたキーワードを抜け出して、自分の視点を取り戻す

スマートフォンを使い始めたころからだと思うのですが、大手メディアのサイトでニュースを見つけるよりも、アプリやSNS経由で知る。というケースが増えています。

iモード時代には、有料・無料を問わず、何らかのポータルサイトを使って、上から順番にニュースの見出しを読んでいたし、パソコンのブラウザではそういったサイトをブックマークしていました。

どのタイミングだったのか? いまのところ思い出すのが難しいので、「最近では」という、あいまいな表現を使うしかないのだけど、とにかく最近では情報の最適化が進んでいます。

SNSからの通知や、ニュースアプリの新着情報。買い物履歴から算出されたオススメ商品の紹介など、【自分のために用意されたリンク】をクリックするだけで、あっという間に時間が経ってしまう。

お題企画「#推薦図書」
「超」独学法 AI時代の新しい働き方へ (野口悠紀雄)

本書では、このような受動的な webの使い方に対して、自分の疑問(自分ゴト)からスタートして、webをツールとして活用することが提言されています。

言うまでもなく webではフェイクニュースや、出典の怪しい情報も多いです。

特に、著者の野口悠紀雄氏が専門とする経済学の世界では、属する派閥によって、意見が正反対であることも珍しくなく、政治的な理由がさらに問題を複雑にしています。

そのため、ある分野に対して、まったくの門外漢が「知りたい」「勉強したい」と思っても、webでの情報量に圧倒されることも少なくありません。

そのため、さまざまな意見が飛び交っている中において、自分がひっかかりを覚えたキーワードを「すぐに・気軽に検索する」ということは、思う以上に重要でしょう。

まずは、自分が気になっている、あるいは知らないキーワードが、その分野で「重要視されているのか、否か?」という重みを見つけることで、独習の間口を狭くすることができます。


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

桐生忠彦(@tadahikokiryu)

インフォグラフィックとプログラミングに関して書くことが多くなると思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。