生誕教会、イエスキリスト生誕の地

Nadimのお土産屋に向かう。生誕教会向かって右の角っこにあるのがそれだ。久しぶりのベツレヘムなのでまずは教会でお祈りをしよう。クリスチャンでもムスリムでもない、典型的な日本人のわたしは全くと言っていいほど信仰心はないが神聖な場所は好き。それは美しいから。

小さな、屈まないと潜れない教会の入り口を抜ける。今もなお改装中のこの教会は外も中も聖地なの?と疑いたくなるほど普通に工事中だ。

入ると抜けるような広いスペース。そして前方には少し高い儀式の場所。右に抜けるとろうそくを立てる場所と右の窓から入る光。薄暗い室内を幻想的に見せる。少し行くと左に細い細い階段がある。その階段を一歩ずつ下りていく。すると右に仰々しく飾り立てられた場所。そして床には星の印がある。そこがイエスキリストのまさに産み落とされた場所を示しているのだ。

星印に額をつけ祈る人、星印にキスして祈る人、涙する人。

わたしの番になり、星印に軽く手を触れ目を瞑る、そして合掌する。

この旅を楽しく安全に。この地に平和をもたらしてください。

目を開き2000年前を思い21世紀を実感する。周りにはストロボの光とデジカメのシャッターを切る音がする。

元馬小屋のこの場所は今は世界中から人が集まる聖地であり観光地であり、世界遺産の1つとなっている。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

パレスチナ料理修行の旅への資金へと使わせていただきます。

Shukuran!!Thank you!!
6

Azusa Suga

6回目のパレスチナ

2017年夏の旅。ヨーロッパに住むパレスチナ難民との出会い、本国でも出来事。一期一会の旅
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。