シリーズ 「アラブナショナリズムとエジプトとスエズ危機」第3回敗戦後のエジプト、王政の末路

はじめに

中東戦争に敗北したエジプト王国は最早余命いくばくもない状態でした。一方混乱するエジプトを牽引できる政治家や指導者はエジプト政界には存在しませんでした。そのような情勢からついにエジプトは旧態依然とした王政から新たな革命へと脱皮をはたすのです。

エジプト王国   

 この項⽬では、エジプト王国の歴史をエジプトの視点から述べていく。
 エジプト王国の成り⽴ちは 1805 年のムハンマド

もっとみる
ありがとうございます!ほかの記事も良かったら読んでみてください
4

やってみたい!パレスチナの #キャンプ飯 #アウトドア飯

パレスチナではよく野外でバーベキューをする光景を見かけます。公園で普通に炭コンロ持ち込んでケバブ焼いてパンに挟んで・・みたいな。
どういう理由か知らないけど、自宅の庭で火を焚いて調理することも経験済み。アウトドア飯と言っていいのか・・・微妙だけど。

ヘブロンのShuhadda Street に入るチェックポイントのすぐ側にある日用雑貨屋さんでおしゃべりしてた時のこと。そこの大将が突如、

これは

もっとみる
嬉しいです!シェアもしてくれるともっと嬉しいです!!
11

シリーズ 「アラブナショナリズムとエジプトとスエズ危機」第2回 第一次中東戦争とアラブの苦い敗北

はじめに 

 今回は本題の第二次中東戦争の前史的な意味合いで第一次中東戦争を見ていきます。現在のパレスチナ問題の出発点になるこの戦いはアラブ側の敗北で終わります。この戦争が与えた影響はアラブナショナリズムの覚醒のきっかけになったと言ってもいいでしょう。アラブ側の軍隊は腐敗した王政によって貧弱化しており(ヨルダンは除く)その批判が革命へと繋がっていくのです。また、イスラエルにとってこの戦いは国が生

もっとみる
ありがとうございます!ほかの記事も良かったら読んでみてください
6

パレスチナから届いた優しさ

これははっきり言って自慢話です。自慢されたくない人は読まないでください。自慢せずにはいられないんです。だから黙って書かせてください。

急に携帯が鳴ってパレスチナの友達Nadiaからメールが連続で届いた。かなり連続まだ鳴る?というくらい。しかも全部動画!

またどっか遊び行ったのかなー?と思っていると、最後にメッセージが。

どうしても見せたかったの!

スクロールして一通目のメールに戻り動画を再

もっとみる

パレスチナ・ガザ地区から届いた商品たちのポップアップとトークイベントのお知らせ

エシカルペイフォワードでは、パレスチナ・ガザ地区に暮らす女性起業家(女性起業家ってジェンダーバイアス含む言葉だけど・・)によって作られたTシャツや、刺繍小物、カフィーヤ、陶器などのポップアップを開催中。
13日(土)はパレスチナ・アマルの北村さんによるトークイベントも行います。
天井のない牢獄と言われるガザでたくましく暮らす人々のお話しを聞きに来てください。

もっとみる

夏だ!フェスだ!パレスチナだ!!

夏の楽しみ!それはフジロック?サマソニ?サンセットライブ??

いやいや、これも忘れないで! 

Pam Fest!そう、パレスチナオルタナティヴ音楽フェスティバル!

https://www.facebook.com/events/850273722014840/

夏はどの国もやっぱり音楽フェスですよ。このPam Festもやっと日程が決まって情報公開!胸沸き立つ。思えばこのフェスで大親友のジ

もっとみる

伸び続ける壁と街 パレスチナ自治区ベツレヘムで見た分断された街

12月末、クリスマス飾りに包まれた街には、お祝いムードが漂っていた。エルサレムからバスに揺られて約30分。イエス・キリスト生誕の地として知られるここベツレヘムには、毎年多くの巡礼者が訪れる。特にクリスマス前後は、その人混みは勢いを増す。キリスト生誕教会にある謙虚の門と呼ばれる、人一人がやっと通れるほど狭い入り口を抜けた先の教会内は、多くの人でごった返していた。その喧騒の中で、世界中からやって来た信

もっとみる

Night in Palestine

夜のキャッチパレスチナで使った映像です。
PMX パレスチナ音楽エキスポの模様を中心にパレスチナの日常も取り込んでいます。

もっとみる

はじめまして! JVCパレスチナ事業インターン、note始めます。

こんにちは!
わたしたちは、日本国際ボランティアセンター(JVC)パレスチナ事業インターンチームです😊
初の投稿となるので、自己紹介をさせていただきます。

日本国際ボランティアセンター(JVC)とは?

アジア・アフリカ・中東、そして東日本大震災の被災地で支援活動を行っている国際協力NGOです。
足りないものをあげるのではなく、つくる方法を一緒に考える。紛争で傷ついた人を助けるだけではなく、紛

もっとみる

Haniとの出会い

アーティストHaniは今となっては親しい友人の一人でエルサレムを訪れる度に彼のアトリエ兼自宅、いや実家を訪ねる。彼の人柄も作品も好きで友達だけどファン。

https://www.haniamra.com/

旅は出会いだけど、出会うために旅に出るのではなくて旅に出たら出会っただけ。出会ってもその場で終わる出会いもあれば、長く続く出会いもある。

エルサレムには3つのスポットがある。全く宗教的でな

もっとみる