防災訓練


ちょうど見舞いに行った時、防災訓練のサイレンが鳴り始めた。

一週間前から掲示が出てたけど、無菌病棟の人達はほぼ知らなかったらしい。
献立は毎日見てるけど、告知掲示のチェックは、さほど注意深くしてはいないらしい。

訓練予告の放送が入って、パパさん、初めて知った模様。 少しギョッとしていた。

患者さんはそのまま療養してくださいと言われたが。

放送を聞き流していたら、 火災発生アナウンスなんか結構真に迫ってる。
事態を把握してなかったら、 慌てたはずだ。

火災発生、6階から火が出たという想定での訓練。発火元から7階上が、パパさん達の無菌室病棟。



24時間の抗がん剤 点滴中に、万一ホンモノの火事が起きたら、 一体どうやって逃げるんだろうなぁ。

焼かれて死ぬのか抗がん剤の液漏れがしてひどいことになっちゃうのか、 なんて話になった。


当直人員なんか看護師さん含めて3人程度だから、
土日は手薄だから、

万が一不運にも、そんな時に

火災が発生したら。。。

いやはや。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

あなたが読んでくださること。あなたが「スキ」やコメントで、僕を力づけてくださること。サポートを届けて、僕らを生かしてくださること!! 本当に感謝します。

うれしい! ありがとうございます^^
13

高橋照美

いつも読んで応援してくださって、本当にありがとうございます。 ただいま親族の看護中。あなたからの「スキ」に力を頂いて、あと4年。。。しんどさをぶちやぶって、少しでも誰かの心をはずませる読み物を書いていきます。

お父さんが白血病になりました。〜ある家族看護の記録

13歳と10歳の子どもたちを残して、お父さんが急性骨髄性白血病で入院しました。親族の僕が、家族看護に入っての記録集。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。