火事の罹災についてのメモ。2019/08/23

ある日。
即売会参加の支度をしていたら、外からサイレンが聞こえた。
消防車なのか救急車なのかはいまいち分からない。音の区別が付かない。
うちの周辺には年寄りが多く、よく救急車が来るし、隣のマンションの非常ベルは壊れていてしょっちゅう鳴る。さらに誰かが意味不明に消防車を呼ぶこともある。

そんなこんなでサイレン慣れしていた我が家は即売会の支度をさくさくしていて、サイレンを無視していた。
しかしどうも

もっとみる

アマゾンの大火事

地球上ではいろいろなことが起きているけど

Amazonの森林が、過去最速で燃え続けているというニュースは、個人的にものすごく衝撃的だった。

それにはいろいろな要素が加わっていて、
自然火災の他に、人為的に燃やされている部分もあるらしい。
amazonの森林を燃やして家畜をやったりするのは禁止されているみたいだけど、現実的にあの広大な面積の中で現地の人たちにそれをやられても、取り締まるのなんてそ

もっとみる

【国内】転勤で火災保険はどう変わる?変わる保険の手続きを徹底解説!

転勤で変わるものは場所に始まり様々ですが、家庭を持っている方が気をつけて欲しいのは転勤で保険が変わってしまうということです。
なぜなら場所によって保険の保障内容が変わってしまうことがあり、最悪のケースでは保険に入っているのにも関わらずその保障を受けることがなくなってしまうかもしれません。そこで今回は転勤をした際に確認しておきたい保険事情について徹底解説していきたいと思います。

第1章 保険で火災

もっとみる

台風の熱波と月曜病? 淀江町防風林の火事

今朝8/12の朝9時前、ゴミ出しに出ると、目の前を消防車がけたたましいサイレンと共に通りすぎました。

 淀江海岸に出てみると、2km西側の防風林付近で灰黒色のケムリがモーモーと立登っていて、消防車が海側と国道側から消火活動中。
 1時間弱ほどで鎮火したみたいでした。

 おもいあたるのが去年(2018年)の8/20(月曜日)の夕方の、1km西側の防風林での火事。
 あの時も、市営住宅への延焼を食

もっとみる

*これから書きたいこと忘備録

・わたしの精神疾患(双極性障害と統合失調症の診断を受けたこと)について
・火事になったこと
・流産したこと
・現在抱える産後うつ症状のこと
・産後クライシス?奴さんへの怒りについて
・最近読んだヘンテコな本のこと
・世の中の前提について
etc.

嬉しいです、また読んでもらえるようなnoteを書きたいです◎
2

火災保険でどこまで保障される?災害時以外にも役に立つ火災保険のアレコレについて

災害時や火災などによって被災した際に必要となる火災保険。住宅購入の際に不動産会社の方に勧められるまま今の火災保険に入ってしまったという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
火災保険には文字通り火災のみならず、水難や家財の保障まで保障することができることを皆さんはご存知でしたか?
今回はそんな火災保険を住宅を購入した際に必要となる火災保険の保障についてまとめてみました!

第1章 火災保険の保

もっとみる

休日に自宅で爆睡していたら隣の建物から煙が上がっていた話。

おはようございます、蒼樹里緒です。
先日、京都アニメーション放火事件についての私見記事を投稿いたしました。

その中で少々触れておりました、自分と家族が過去に経験した火災について、今回は書きます。とはいえ、6・7年近く前の出来事ですので、うろ覚えの部分も多くて申し訳ないのですが、極力思い出せる範囲のことは記しておきます。

※特定を防ぐため、一部の情報はあえて伏せ(ぼかし)ます。

◆ ◆ ◆

もっとみる
【感謝の五七五】サポートもくださるあなた とても「スキ」
11

防災訓練は何故ダサく感じるのか

勤務時間中にもかかわらず、スマホニュースから目が離せなかった。今日、京都アニメーションで放火事件が起き、死亡者が33人も出てしまった。職場で突然知らない男がガソリンに火をつけるなんて、文字面だけでも心底怖い。仕事中に思わず顔をしかめてしまった。本当に痛ましい事件だと思う。

平成以降最悪の事件といわれるほど被害が拡大したのは、複数の原因があるだろう。その1つに、緊急時の対応や避難経路が十分周知され

もっとみる

防災訓練

ちょうど見舞いに行った時、防災訓練のサイレンが鳴り始めた。

一週間前から掲示が出てたけど、無菌病棟の人達はほぼ知らなかったらしい。
献立は毎日見てるけど、告知掲示のチェックは、さほど注意深くしてはいないらしい。

訓練予告の放送が入って、パパさん、初めて知った模様。 少しギョッとしていた。

患者さんはそのまま療養してくださいと言われたが。

放送を聞き流していたら、 火災発生アナウンスなんか

もっとみる
あなたがくれたやさしさが、誰かのために書く力になります。
13

真夜中の火事

これは書くべきかどうか迷ったのですが、今日、まだ日付が変わったばかりのころ、私の住まいのごく近くで火事が起こりました。

はじめに屋外から警報音が聞こえ、数分のうちに、何かを破壊するような激しい音、ガラスが割れる音も聞こえはじめました。
さすがに気になって玄関扉を開けた瞬間、何が起きているかを理解しました。

道を挟んだ斜め向かいのマンションの一室が、激しく燃えているのです。

こちらから見えるの

もっとみる