「スクユニ」をおすすめできない2つの理由

中古制服買取業者「スクユニ」の査定額・口コミ評価・返送料・クリーニング代などを徹底調査しました。中古制服買取で調べると必ずと言っていいほど検索上位にくる「スクユニ」ですが、知名度・実績が高くてもあまりおすすめできません。

この記事ではスクユニをおすすめできない理由以外にも、より安全に高く売るための中古制服買取業者の選び方・おすすめの中古制服買取業者について紹介しています。制服は何年前のモノでも売れる可能性が高いので、タンスの中に眠っている制服のある方は参考にしてみてください。

■「スクユニ」とは

掲載元:スクユニ公式サイト

「スクユニ」とは東京に本社をおく中学・高校の学生服買い取り専門店です。30,000点以上の制服買い取り実績があり、中古制服買い取り業者として高い知名度があります。ホームページも見やすく、簡単な買取価格の査定もサイト上で可能です。

また、無料査定できるのも人気の理由。制服を送る必要がありますが、制服を送るための段ボール・申し込み用紙も希望すれば無料で家まで配送してもらえます。梱包用の段ボールを自分で用意すれば、査定額500円アップも可能です。

制服買い取り申し込みも簡単で、LINEから友達申し込みすればOK。汚れやほつれがあっても買い取りできるので、着古した制服の買い取り先としても利用できます。

>スクユニの運営する事業

掲載元:制服買取リユース758

「スクユニ」はスクユニ以外にも複数の事業を運営しています。
【制服買取店】
|・スクユニ
|・制服買取屋さん
|・reuse758
|・エコスル
【制服販売店】
|・中古制服販売ドンキー

スクユニでは、「中古制服販売ドンキー」で買い取った制服を販売しています。どの事業も知名度が高く、「制服」「買い取り」で検索するとヒットしやすいサイトばかりです。特に「スクユニ」「reuse758」は検索上位に引っかかりやすいので、中古制服を売りたい方はたいてい1度は目にします。

また、どのホームページのデザインも整っており、初めて見る方に安心感を与えるのも実績が高い理由の1つです。古物商の許可証も大きく標榜しているので安全な店舗だとわかります。どの店舗でも制服の買い取り実績の高さをアピールしており、どのページでも簡単な制服の買い取り価格査定が可能です。

■スクユニをおすすめできない2つの理由

知名度・実績ともに高く、制服も無料で査定してもらえる「スクユニ」ですが、
「着古した制服をできるだけ高額で売りたい」
「早く制服の査定額を教えて欲しい」
「制服を何社か査定してもらおうと思っている」
といった方にはおすすめできません。

というのも、「スクユニ」は、
①「制服の買い取り査定額が安すぎる」
②「査定に出した制服が返送されにくい」

といったことで有名だからです。

■スクユニをおすすめできない理由:①査定額が安すぎる

「スクユニ」のサイト中央には、買い取り価格の相場を事前に調べられる枠があります。中学・高校の名前を入れるだけで、送る前に簡単な査定ができて便利ですね。

掲載元:スクユニ公式サイト
しかし、相場を表示する枠の下の注意書きに注目すると、「※上限額はフルセット新品買取時の金額です」と書いてあるのがわかります。

つまり、ここに表示されるのは、「新品の制服をフルセットで買ったけど、使わないまま卒業してしまった。」というケースのみ参考になる価格です。3~4年間着古した制服を売る場合はここに表示された金額よりも必ず下がるので、中古制服を売りたい方の参考にはなりません。

実際、ここで検索した相場価格よりも低い見積もり金額で買い叩かれたという口コミが多々ありました。

掲載元:ヒカカク!
中にはランチ代の足しにしかならなかったという方も…。
制服はブランド力が高く、フルセットなら1式数万円で売っていることもよくあります。それなのになぜ、スクユニの買い取りはこんなに低い査定額になってしまうのでしょうか。

>クリーニング代だけで20,000円の減額

「クリーニング代が高すぎる」のが、スクユニの査定額が安すぎる理由の1つです。制服の査定額がいくら高くても、そこから高額なクリーニング代を差し引かれて結局安い査定額になったというケースが多く見受けられます。

掲載元:ウリドキ

掲載元:ウリドキ

口コミを見ると制服のクリーニング代だけで20,000円請求された方もいます。なお、私がスクユニのサイトで自分の高校の制服を上下フルセット新品時の価格で簡単に見積もった時は15,000円でした。

つまり、スクユニのサイトで簡単に査定して制服を送っても、高いクリーニング代を請求されてしまい1円も手元に残りません。一体どの業者へどのようなクリーニングを依頼すればこれだけ高くなるのか不明です。

>大手クリーニング会社の料金との比較

どのようなクリーニングをしているのか気になったので、大手クリーニング会社白洋舎に制服を持ち込んだ場合の代金を簡単に計算しました。以下は白洋舎の公式サイトにあるクリーニング代一覧から制服のクリーニングに必要なメニュー・料金部分を抜粋したモノです。

【男子学生服】
|・学生服上下:1,200円+税
|・ネクタイ:450円+税
|・ワイシャツ:350円+税

【女子学生服】
|・女子学生服上下:1,250円~+税
|・ブラウス:600円+税
|・飾り付きブラウス:750円+税

【オプション】
|・撥水加工:料金にプラス50%・上限2,200円+税
|・折目加工
|ズボン・スラックス:1,000円+税
|スカート:800円~+税
参考:「白洋舎 クリーニング料金一覧 衣料品」

これを元に、女子学生服をクリーニングした場合の最高額を計算してみました。

【白洋舎で制服一式をクリーニングした場合の最高額概算】
女子学生服上下+飾り付きブラウス+撥水加工+折目加工
=1,250円+750円+2,200円+800円
=5,000円

白洋舎に出した場合、クリーニング代は高くても一式5,000円前後です。
これはあくまで概算ですが、白洋舎で制服のクリーニング代を20,000円にするためには、4着フルセットの制服を送るか、とても複雑な形状で汚れ切った制服を何枚も送るかしかありません。

>クリーニングされていない?

これだけ高いクリーニング代を払っているのだから、とてもキレイな状態で売られていなければなりません。しかし、スクユニで買い取られた制服を販売している中古制服販売店ドンキーで、クリーニングされていない制服を発見したとの記事があります。こちらは記事に掲載されていた写真です。

掲載元:「スクユニが制服を売る店=ドンキーってどんな店?」

保存状態の悪さがひと目でわかります。染みだらけでとてもクリーニングに出した後とは思えません。これが本当だとしたら、一体高額なクリーニング代はどこへ消えたのでしょうか。ちなみにこういったスクユニの査定方法や査定金額に不信感を持ち、消費者センターに相談された方もいました。

掲載元:ウリドキ

掲載元:ウリドキ

たしかにスクユニでは電話番号を掲載していません。これについてスクユニ公式は、運営人数が少ないからという理由で電話番号を記載していないと言っており、この方のおっしゃるように苦情対策なのかは不明です。ただ、あまりにも高額なクリーニング代に、詐欺ではないかという声も多数見られます。

■スクユニをおすすめできない理由:②制服査定後の返送はほぼ不可能

スクユニをおすすめできない理由の2つ目は、スクユニでの査定金額に納得できなかった時、制服がなかなか取り返せない点。というのも、「事後査定」「返送料が買い取り価格よりも高く設定されている」「返送希望に対する返事がなかなかこない」という3拍子が揃っているためです。

ここからは、実際スクユニを利用した方の口コミとともに、スクユニの返送料と返送にかかる期間についてご紹介します。

>スクユニは買い叩きやすい「事後査定」

スクユニの返送料のことを知る前に、まずは中古制服の査定方法についての基礎知識を手に入れておきましょう。

中古制服の査定方法には事前査定事後査定の2種類があります。

①事前査定…実物を見る前に査定することです。
事前査定では、LINEやメールなどのツールを通して商品の状態・学校名などの情報を送り、そこから査定します。
事前査定なら中古制服を送る手間が省ける上、送料も不要。査定額に納得できなかった場合、すぐに買い取り依頼を取り下げられるのもメリットです。

②事後査定…実物を見て査定することで、実物査定とも言われます。
実物を送る手間がかかりますが、スクユニのように査定時の送料を無料にしているところも多くあります。
ただ、査定額に納得できなかった場合返送料を請求されることがあるため要注意です。

スクユニでは②の事後査定を採用しており、制服の査定額を知るためには実物を送る必要があります。制服を送る際の送料は無料ですが、問題なのは査定額に納得できなかった場合の返送料です。

返送料が無料なら、査定に納得できなかった場合でも無料で制服を送り返してもらえます。しかし、スクユニでは査定額に納得できず返送してもらいたい場合、返送料がかかります。

掲載元:スクユニ公式サイト

>返送料が高すぎる

返送料がいくらかかるのかという点は、買い取り価格に納得できなかった場合や、他社にも見積もりを出したい方には大切なポイントです。しかし、スクユニは返送料についてはっきりと明記していません。

そこで口コミを見ると、返送料だけで数千円かかったという口コミが多く、中には7,000円かかったという口コミもありました。さらに、買い取り価格よりも高い返送料を請求され、不快な思いをした方もいます。以下は大手買い取り価格比較サイト「ウリドキ」にあるスクユニへの口コミの一部です。

掲載元:ウリドキ

掲載元:ウリドキ

掲載元:ウリドキ

掲載元:ウリドキ

スクユニのように事後査定で、かつ返送料が自己負担だとこういった買い叩きをされるおそれがあるので要注意です。査定額に納得してから買い取りを決めたい方は、中古の制服を送らなくて済む事前査定を採用している制服買取業者を選びましょう。

>返送までに1か月以上かかる

スクユニでは制服そのものを見て査定する事後査定を採用しています。事後査定の場合、買い取り価格に納得できなかった際の取り下げのしやすさが重要です。しかし、スクユニに1度送ってしまうと制服がなかなか返送されないとの声が上がっています。

こんな金額で買い取ってもらうのは惜しかったので、キャンセルすることにしたのですが、返ってくるまでに1カ月くらいかかったのを覚えています。

掲載元:「【制服買取】複数のお店を比較した結果、一番良かったお店【実体験】」

流石に納得出来ないので、返してもらおうと連絡したのですが何故か査定額を上げられ売ってくれ、他社はブルセラ紛いだからやめた方がいいだの言われて中々返してもらえませんでした。

掲載元:「制服買取したら買い叩きに??」

掲載元:ウリドキ

中には返送を希望してから実際に返送されるまで1か月もかかった方や、さらにその間に返送を催促するメールを送っている方もいます。

スクユニはとにかく「返送までに時間がかかる」「返送料の方が買い取り価格よりも高い」のが特徴です。スクユニのサイトには「高額買取」の文字がおどっていますが、返送料の口コミを見ると買い叩こうとしているのがありありと伝わってきます。

私なら返送料が制服の買い取り額を上回っている時点で諦めます。スクユニに実物査定を申し込んだ時点で、1か月以上返送の催促をしながら返信を待つ根気強い方でない限り、制服を返送してもらうのはほぼ不可能です。

■中古制服買い取り店を選ぶポイント

知名度が高く実績があっても、スクユニのような中古制服買い取りショップはおすすめできません。最も高額で安全な中古制服買い取りショップを選ぶためには、以下のポイントに注目するのがおすすめです。

【注目ポイント】
|・公安委員会の認可を受けている
|・制服買い取り実績・口コミ評価が高い
|・査定後、買い取り依頼が取り下げやすい
|・中古制服の査定額
|・中古制服の査定スピード
|・制服買い取り後の販売先が明確

>公安委員会の認可を受けている

中古品を販売するためには、当然ですが公安委員会から古物商の認定を受ける必要があります。これがない店舗は違法営業をしているため、いくら買い取り価格が高くても依頼しないようにしましょう。

>制服買い取り実績・口コミ評価が高い

制服買い取り実績の高い方が多くの人が利用しているため、多くのリアルな口コミを目にできます。なお、中にはサクラと呼ばれる業者が自ら評価を上げるために書いた口コミもあるので要注意です。

口コミを見る際は、悪い評価と良い評価の両方を見ましょう。悪い口コミの中でも、よく見ると特に批判されているポイントや、全く批判されていないポイントがあります。

例えばスクユニの口コミなら、返送料やクリーニング代に関しての悪い口コミが目立ちますが、査定スピードに関してはほとんど悪い口コミが書かれていません。

おすすめの参考サイトは、Twitterウリドキヒカカク!。制服買い取りショップを批評している個人サイトは、業者が自社の評判を上げるために書いているおそれがあるため排除しましょう。

>査定後、買い取り依頼が取り下げやすい

制服を査定する際は何社かに見積もりを出すのがおすすめです。というのも、制服の買い取り相場は予測がしにくいからです。

本・CDならまだしも、制服を売るというのは、ほとんどの場合人生で数回しか経験しません。そのため、買い取り価格の相場がわからず買い叩かれるおそれがあります。より高額に制服を売るためには何社かに制服の買い取り金額の見積もり依頼を出しましょう。

しかし、査定額に納得できない場合、簡単に返送されなければ何社も買い取り依頼を出せません。特に事後査定の場合、スクユニのようになかなか返送しないケースがあるので要注意です。

>中古制服の査定額

制服は学校というブランドがあるため、3~4年間着古したモノや何年もタンスで眠っていたモノでも高額で売れるケースが多々あります。私も先日5年以上前に卒業したド田舎の無名高校の制服を売りましたが、トータル3万円ほどで売れました。

特にコレクター向けに販売しているショップでは、着古した制服でも高額で売れます。ちなみに3万円ほどで売れた私の制服は、スクユニのサイトで簡単査定したところ、新品で上下フルセットの場合15,000円でした。

中古・制服と調べるとスクユニやその関連事業がよく検索に引っかかります。しかし、より高額で制服を売るためにはTwitterなどのSNSや口コミサイトなどを活用して、より査定額の高いショップを探すのがおすすめです。

>中古制服の査定スピード

引っ越しなどですぐに制服を売りたい方は査定スピードにも注目しましょう。査定スピードは会社によってまちまちで、査定に1週間以上かかるところもあれば3営業日以内に査定が完了する会社もあります。

スクユニは最短で発送日翌日には入金可能と謳っているので、安くてもいいから早く制服を売りたい方にはおすすめです。ただ、制服の査定額に納得できなかった場合、返送までに1か月以上かかるケースもあるので、できるだけ高く売りたい方にはおすすめできません。

>買い取り後の販売先が明確

買い取られた制服がどのように使われるのか気になる方は、買い取られた制服がどこでどう使われるのかにも注目しましょう。ちなみに、スクユニでは

クリーニングをしこれから新学生生活を迎える新入生に販売をしております。

掲載元:スクユニ公式サイト

と記載しており、在校生に向けて中高生服を販売していると明言しています。しかし、口コミを見ると、本当に在校生へ向けて中古の制服を販売しているのかは疑問が残るところです。

≫スクユニは「ボランティアのため」と偽って中古制服を買い叩いている?

スクユニに制服を売った方の中には、ボランティアで寄付するために安い価格で買い取りたいというメールを受け取った方が多数います。実際、スクユニはフィリピンなどに制服を寄付しており、公式サイトには写真も掲載されています。

掲載元:スクユニ公式サイト

こうした写真を見ると、いくら大切な制服を安い金額で買い叩かれても子どものために寄付されるなら…という気持ちにもなります。しかし、この「寄付のため」と言われて安く売った制服が、実際は「制服販売ドンキーで高額転売されていて後悔した」という口コミが多数あるのもまた事実です。

掲載元:ウリドキ

掲載元:ウリドキ

こうした口コミが短期間に多数寄せられているのを見ると、「寄付のため」と言って安く買いとったうちの何着が、実際にボランティアや在校生のために使われているのか疑問です。

■おすすめの中古制服買い取り店

スクユニは「制服の買い取り査定額が安すぎる」「査定に出した制服が返送されにくい」という悪い評判が多かったので、私自身も自分の中古制服を売るためにSNSや口コミサイトを調べました。

そこで見つけたのが「デジタルウェブ」です。検索には引っかかりにくいものの、査定のしやすさと査定額の高さは群を抜いています。

■LINEでスピード査定「デジタルウェブ」

・査定方法:事前査定
|・連絡方法:ライン・メール・公式サイト専用フォーム
|・買い取り後の流通先:制服コレクター・マニア向けオークション
|参考:制服買取の疑問について
|・公安委員会の認可:済

【デジタルウェブのおすすめポイント】
・高額査定
・簡単・スピーディな事前査定
・返品依頼を受けたことが1度もない
・口コミ評価が高い
|参考にした口コミサイト:ウリドキヒカカク

デジタルウェブは10年以上続く制服買い取り専門店です。査定スピードは商品到着後3日以内とスクユニよりやや遅いものの、中古制服の査定額は最高で25万円。事前査定なので制服を送らなくてもLINE上のやり取りだけで査定額がわかります。中古制服を簡単により高く売りたい方におすすめです。

>デジタルウェブなら、スクユニからの返送料も全て負担

「もう制服をスクユニに送ってしまった!」という方へ向けて、デジタルウェブではスクユニからの高い返送料を負担しています。スクユニの返送料が高くて困っている場合は、一度デジタルウェブに相談してみるのがおすすめです。

こちらのデジタルウェブのサイトに、スクユニの返送料を負担する旨が書かれています。
「査定額がランチ代と同じ?法外な返送料の要求も?! スクユニの「事後査定(実物査定)」に騙される前に読んでほしい」

やや攻撃的な文章ですが、スクユニの返送料の高さなどについて同じ中古制服買い取り業者の立場から言及されているのでとても参考になります。

デジタルウェブのサイトでは、ほかにも中古制服の裏側についていろいろと書いているので、制服をどこで売るか迷っている方は一度目を通しておくのがおすすめです。

>デジタルウェブの最新情報はTwitterで

デジタルウェブは公式Twitterで買い取った制服の画像を随時アップしており、多くの方がリアルタイムで中高生服を売っているのがわかるのでより安心です。

学校名や物品一覧を掲載しているので、自分の学校の制服が売れるのか知る手がかりにもなります。デジタルウェブに売ろうか迷っている方は、一度Twitterをのぞいておくのがおすすめです。

■【体験談】デジタルウェブに高校の制服を売ってみた

私自身も先日高校の制服をデジタルウェブで売りました。断捨離ついでだったので振り込みのスピードよりも査定額を重視。思い出のたくさん詰まっている高校の制服が、古着と同じように数十円~数百円で売れるのは少し寂しかったというのも理由の1つです。

できるだけ高額で売れる中古制服買い取りショップをTwitterや口コミサイトをから探していると、デジタルウェブにたどり着きました。

私はデジタルウェブをおすすめしますが、別の制服買取業者を探す方は、業者の手の入りにくいリアルな口コミが寄せられているTwitterほか大手口コミサイトを参考にするのがおすすめです。

>①事前査定してもらう

デジタルウェブはLINEだけで査定できると公式サイトに書いてあったので、LINEで「学校名」「物品一覧」「卒業年」を書いて写真付きで送りました。するとその日の内に返事があり、25,000円以上の高額査定。

ちなみにスクユニのサイトで学校名を入れて簡単査定したところ、新品上下フルセットで15,000円です。中古の制服なのにスクユニの簡易査定額より10,000円も高い高額査定に驚愕。3年間着古した田舎の無名高校の制服でもこれだけ高く査定してもらえます。

>②制服・申込書・本人確認書類を送る

査定額に納得できたら制服を梱包します。ポリ袋&紙袋を使って10分ほどで梱包。デジタルウェブでは販売前にクリーニングするとのことだったので、梱包前に一応洗濯だけしました。

あとは申込書に記入をして、免許証などの本人確認書類のコピーを同封し送ります。この時アンケートに記入すると査定額に1,000円プラスされるので、私はしっかり書いておきました。

なお、ゆうパックに限定されますが送料は無料。デジタルウェブは東京にあるので、私のように田舎から送る方にもおすすめです。

>③査定額の確認

デジタルウェブに制服が届くと連絡がきます。それから3日以内に査定額が決定しますが、制服に大きな損傷がない限り減額されることはほとんどありません。

クリーニング代だけで20,000円も請求するスクユニとは大違いですね。ちなみに洗濯だけして送った私の制服は、希少性が高いとのことで査定額が1,000円アップして最終的に26,000円で売れました。

また、振り込み後でもよいので口コミを投稿するとさらに1,000円プラスされます。真摯な対応で査定額も高額だったので、私は口コミしもました。これでトータル金額は27,000円です。

もちろん口コミには気に入らなかった点を書いてもOK。しかしデジタルウェブの口コミを見るとほとんど星5つです。

中には「査定額が低い」という口コミが数件ありますが、私が1週間探した中ではデジタルウェブ以上に高額で買い取ってくれる中古制服買い取り業者を見つけられませんでした。

>④口座に入金される

査定後の翌日には入金されており、非常にスピーディです。事前査定の時から2,000円も買い取り金額がアップしたことで完全に信頼しきった私は、中学校の制服もデジタルウェブで売りました。

こちらも無名の田舎の中学校の制服で、高校の制服より破れやほつれも多々ありましたが査定額は8,000円。口コミを書いて査定後もプラスされてトータル10,000円の買い取りです。

結論:中古の制服を高額で買い取ってもらいたい時はデジタルウェブ

■より査定金額を上げるには?

デジタルウェブでは中古の制服以外にも、学術用品の買い取りを行っています。生徒手帳・体操服・校章・学校指定のスクールバッグ・靴下なども買い取り対象なので、制服とともに送るとさらに査定金額がアップ。

また、どこへ送る場合も同じですが、ボタンが取れている場合や破れている場合は査定金額が下がりやすいので、簡単にでも補修しておくのがおすすめです。

私もボタンが取れかけていたので自分で補修してから送りましたが減額されませんでした。むしろデザイン性が高いとのことで査定額がアップしました。

■高額・スピーディに中古の制服を売るなら「デジタルウェブ」がおすすめ

簡単に査定して高額で中古の制服を売りたい方にはデジタルウェブの方がおすすめです。

スクユニは知名度こそ高いものの、以下の2点からおすすめできません。
①査定額が安すぎる
②査定後の返送がほぼ不可能
特に返送料の高さや返送されにくさについて消費者センターに相談する方もいます。

デジタルウェブならLINEのやり取りだけで査定完了。返品依頼を受けたことがないほど群を抜いた高額査定です。口コミ評価も高く、販売先も制服の収集家なので安心して預けられます。
デジタルウェブへの相談はこちらからどうぞ↓

デジタルウェブ公式サイト
デジタルウェブ公式LINE
デジタルウェブ公式Twitter

大切に着てきた制服を大切にする方に譲りたい方、できるだけ高額で売りたい方にはデジタルウェブがおすすめです。事前査定では本人確認の必要もないので、気軽に相談してみましょう。

■最後に:これから制服を売ろうとしている方へ

長文にも関わらずここまで読んで頂きありがとうございました。学生の頃毎日お世話になった中学・高校の制服には青春の思い出がたくさん詰まっています。この記事があなたの制服とのお別れをよりよいものにする手助けに慣れば幸いです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

知生

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。