街は人そのもの。

遅い盆休みを終えて、別府から東京に戻っている。
今飛行機は四国の真上辺りだ。

4年ぶりの故郷の山や海や星空は、少年時代の記憶と違わず美しく輝いていた。扇山や別府湾、温泉の煙が立ち登る街並はあの頃のままだ。歳を重ね、見た目は年老いた両親もまだまだ元気で、今年98歳になる祖母も僕との会話を楽しみにしていてくれた。
妻も含め家族で食卓を囲み、母の手作りのご馳走をたらふく食べた。久しぶりに会った妹とはカラオケでデュエットし、甥っ子達の運動会にも参加した。近所の野良猫も相変わらずの可愛さだ。(猫の写真はまたの機会に)

変わらないなと思う一方で、変わりゆくものもある。
新築のマンションをいくつも見掛けたり、馴染みの店が跡形もなくなっていることに気付いたり、近所の道路が4車線になっていて驚いたりもした。様々なアートプロジェクトや新たな観光施設でデザインされた別府は、クリエイティブな街に生まれ変わろうとしている。

きっと、別府という街はこれからも変化してゆくのだろう。それは全ての街に当てはまることかもしれない。
だけど僕の中にある故郷の素晴らしさはいつまでも変わらない。昔そこにあったものがなくなってしまっても、僕は思い出を失ったりはしない。
それは、ここに住む人々が街そのもので、別府に住む人達は変わらずこの街で生きているし、多少の入れ替わりはあるにせよ、皆この街を愛しているからだ。

この街でこれから僕は作品を作っていく。
「縁」をテーマに「人」を撮る。
今決めているのはこれだけ。
この先どんな作品が生まれるのか、僕自身楽しみだ。

2017.10.3 東京神父

別府温泉ルートハチハチ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

東京神父 写真家。1978年4月20日生まれ。 別府出身、自由が丘在住。

ありがとう!

東京神父

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。