見出し画像

野球観戦⚾

プロ野球オープン戦を見に行ってきました。埼玉西武ライオンズvs横浜DeNAベイスターズ。
WBCで準決勝敗退の侍ジャパン。
ライオンズからは秋山翔吾、炭谷銀仁朗、牧田和久が選ばれていました。この日から合流。秋山、炭谷は早速出場していました。

秋山は骨折を抱えながら代表として戦っていたと報道されていて心配していましたが、この日のプレイを見る限りにおいては心配不要のようでした。
ライオンズには主力野手で他にも状態が心配な選手がいます。2016年盗塁王の金子と、炭谷の代表合流で開幕マスクの可能性もあった森友哉です。
金子の穴を埋める期待をかけられている選手は、この日出場していた田代、木村。一軍経験で言えば斉藤、熊代あたりの名前があがってきます。田代はキャンプの頃から期待の選手として辻監督が名前を出していた選手。木村は一塁手としても研鑽を積んでいる最中で、実戦になってアピールを続けています。どちらもこの日に活躍していました。秋山翔吾が万全で、メヒア、山川を併用するなら栗山が外野を守る形になれば、残る枠は一つ。もう若手とはいえないプロ年数です。何とか頑張ってもらって、何なら金子の戻る場所が無いくらいに活躍してほしいものです。

いっぽうの投手。
最後に出てきた田村がヤラれていましたが、それ以外は無難にまとめたかな、という感じ。
既婚者となった野上は気合い入ってるだろうから、少なくとも去年よりは活躍してくれるでしょう。
懸案の助っ人投手のうち、この日はシュリッター投手を見ることが出来ました。開幕してから一変、なんてことがよくありますから確かなことは分かりませんが、そこまで大ハズレってことは無いんじゃないかなあと思いました。シュリッターの立ち位置はどんな感じなんでしょうねー?右のリリーフで言えば、大石<シュリッター<牧田、って感じですかね?少なくとも大石くらい結果出してほしいところです。わざわざ連れてきてるワケですからね。

オープン戦とはいえ、ライオンズが勝つところが見られて良かったです。特に5点取ったところの波状攻撃は気分良かったです。シーズン入っても、このようなシーンがたくさん見られると良いなあ〜

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

tomohiro

よろしく♪
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。