【こよみごと 如月】 雨水 うすい

2月19日頃、二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつ「雨水(うすい)」です。

雨水は雪から雨に変わる頃。

降っていた雪は雨に変わり、冬の間につもっていた雪や、張っていた氷が解けて水になる頃という意味です。

昔から雨水は農作業の準備を始める目安とされていました。

この辺りから草木も芽を出し始め、寒さもゆるみ、眠っていた動物も目覚めます。

もうひとつ、この頃の季節の言葉として「獺祭魚(だっさいぎょ)」というのがあります。

カワウソは捕らえた魚を川岸に並べる習性があり、人間が物を供えて祭っているようだという光景ですが、カワウソも寒さがゆるんで嬉しいのかもと想像すると、より可愛らしく見えてきます。

立春から2週間、暦の上では確実に春へ向かっています。

「獺祭」という名の日本酒が大好きなので、今日は愉快なカワウソ達の姿を思い浮かべながら飲んでみたいと思います。


次回もどうぞよろしくお願いします。

… … … … … … … … … … … … … …
はじめて訪れてくださった方へ:自己紹介です。
… … … … … … … … … … … … … …
・ᴗ・ Twitter @tomokoishikawa_
… … … … … … … … … … … … … …

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

見ていただきありがとうございました。サポートしてくださった方にも感謝。身近な生き物の為にありがたく使わせていただきます。まずは猫缶 ( ´ ▽ ` )ノ

ありがとうございます♪ヽ(´▽`)/
78

石川ともこ

note編集部のお気に入り記事

様々なジャンルでnote編集部がお気に入りの記事をまとめていきます。
1つのマガジンに含まれています

コメント1件

ちゃんと今日は肌寒さも雨も降りましたねw
あんまり素敵なのでnoteに貼り付けさせてもらいました。事後承諾ですみません🙇🏻‍♂️
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。