Tomo Kosuga

アート・プロデューサー。深瀬昌久アーカイブス 創設者兼ディレクター。元VICE MEDIA JAPANクリエイティブ・ディレクター。著書に「Masahisa Fukase」(英語版・仏語版:Editions Xavier Barral、日本語版:赤々舎)。アムステルダム在住。

暗黒超新星 山谷佑介が放つ夜闇の世界

今や飛ぶ鳥を〝見送る〟勢いで(飛んでる鳥を〝落とす〟よりもオトナ!)活躍中の写真家、山谷佑介がデビューした直後の2014年初頭におこなった貴重なインタビューです。山谷くん承諾の下、再掲載します。

インタビュー・文:トモ・コスガ

ここに差し出したるは、黒い布が無造作に継ぎ接ぎされた不気味な1冊。

もしかして黒魔術書? デス・ノート? いえ、写真集です。

今年デビューしたての写真家、山谷佑介が

もっとみる

言葉なき対話 〈003〉 : やるのか、やらないのか。

この記事は2018年12月29日にアパートメントにて掲載された連載です。
http://apartment-home.net/long-visiter/tomokosuga-003/

2018年11月、パリ・フォトにて「MASAHISA FUKASE」を掲げて

先週末、突然の訃報を受け取った。

それは月曜の朝だった。アムステルダムはここのところ春にだいぶ近づいた天候で、ぽかぽかと穏やかだ。さ

もっとみる

言葉なき対話 〈002〉 : 垂直の景色

この記事は2018年12月29日にアパートメントにて掲載された連載です。
http://apartment-home.net/long-visiter/tomokosuga-002/

〈ミラノ・マルペンサ空港〉

垂直に跳ねる。なるべく直角に、真上に向かって。目の前の景色はどう変わるだろうか。

垂直行動によって鼓動が早まり、身体に高揚を生み出す。私は日頃、なにか困難と向き合った時、どこでも良い

もっとみる

言葉なき対話 〈001〉 : 移住

この記事は2018年12月29日にアパートメントにて掲載された連載です。
http://apartment-home.net/long-visiter/tomokosuga-001/

今年11月、東京からオランダはアムステルダムに移住をした。

計画を立てたのは今からちょうど1年前のこと。妻と2人で、リビングのテーブルで将来設計を話し合った。彼女はイギリスで幼少期を過ごし、オーストラリアの大学を

もっとみる

彼、深瀬昌久の残像を追って

【始めに】この記事はトモ・コスガのウェブサイトにおいて公開された内容を適宜調整したものになります。文中に遺骨の写真が含まれます。気分を害する恐れがあるため、予めご了承下さい。
記事の性質上、無料公開をすることによってコントロールできない状況に陥ることを避けるため、1万字ある本文の4割弱以降からは有料設定とさせてもらいました。御理解のほどよろしくお願いします。

8月10日、北海道北部に位置する中川

もっとみる

【インタビュー】「twelvebooks」主宰の濱中敦史さんにディストリビューションという仕事について訊いてみた。

この記事はウェブメディア「TSK(ちぇっ)」にて2016年3月17日に公開されたものです。「TSK(ちぇっ)」運営&公開終了後も読みたいという沢山のご要望を受け、濱中敦史さんご了承の下、ここに再公開します。

文:トモ・コスガ

春も間近となってすがすがしい昼下がり、或る人物と新宿の喫茶店で待ち合わせをしていた。「twelvebooks」主宰の濱中敦史(はまなか・あつし)さんである。 

濱中さん

もっとみる