子どもを産んだ瞬間、「この人は、他人だ」と思った

2017年5月、わたしは子どもを産んだ。

ずっと夢見てきたことだったから、それはもう感動と愛に満ちあふれた瞬間になるものと思い込んでいた。

でも、実際はそんな感動は押しよせてこなかった。むしろ、驚いた。


***


わたしは、俗にいう子ども好きだ。街中で見かける人様の子どもも、もれなくみんな愛おしい。

そんな自分が子どもを産んだら、「ああかわいい我が子! 最高の宝物! 大好き! 愛してるー!!」みたいに母性が爆発するんだろう妄想していた。でもその期待は見事に裏切られる。

産まれてきたのは、初めて見る顔をした人間だった。わたしの意思とは関係なく、泣き叫んでいた。

なぜか、そのことにすごく驚いた。


「この人は、他人だ」


面食らったような衝撃だった。

どうやらわたしは、子ども好きをこじらせて、自分の子どもは自分の分身かなにかだと思い込んでいたようだ。

彼女は、わたしの分身じゃないことはもとより、わたしの子どもである以前に、意思をもったひとりの人間だった。

「この人は、わたしの子どもなのか。そうなのか」

10ヶ月おなかの中にいたとはいえ、面と向かうのはこの日がはじめて。へその緒を切ってしまえば物理的な繋がりもなくなる。

産んだ瞬間から親子の愛着やら、家族の絆ができているわけがない。これから築いていかなきゃいけないんだ。

なぜこんな至極当然の事実に、これまで気がつかなかったのだろう。

産んだから母なんじゃない。わたしはこれから母になっていく。この気づきが、わたしなりの、母への第一歩。今はそんなふうに思っている。

「はじめまして。これから家族になろう」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

108

tototogy

愛を越えるなにか

ムスメとの日々をつづります。
3つのマガジンに含まれています

コメント6件

よく、年老いた親が「これから(子どもに)面倒見てもらわなきゃ」とか、「誰のおかげで…」と恩返し的な言葉を言ったりするのを耳にしますが、子どもはこの世に生を受けた瞬間、個人であり、親に恩を返しているのだと聞いたことがあります。だから、あなたの気づきはとてもすばらしいことだと思います。楽しんでください
血が繋がっていても、家族といっても、他人との生活なんですよね。
僕もそんな気持ちを抱きながら生活してます。
よければお読みいただけると嬉しいです。
https://note.mu/doen/n/n36b9dc83356b
わかります。とても。
私も「うおー人間入ってた」ってびっくりした。伝わってんのか伝わってないのかわからない状態のうちの子に、心も、体も、時間も注ぎ込んで、時々はなんで私だけって思ってた。でも、ちゃんと注ぎ込んだもの受け取ってくれてた。伝わってた。私より、ずっとちゃんとした人間だった。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。