画像1

第3回 かたらじ 「なぜわざわざ遠くまで刀を見に行くのか?」刀剣遠征について語る

かたらじ 刀を語るラジオ
00:00 | 00:30
■おしながき
00:00〜 オープニング
02:00〜 刀剣訪問・刀剣遠征ってなに?
     どうして遠くまで刀を見に行くの?
09:09〜 刀剣訪問ブログが刀剣訪問を始めたきっかけと、ブログを書きはじめた理由
33:12〜 遠征手段について
37:44〜 近々開催される刀剣展のお知らせ
 

■訂正!!
オープニング(01:22あたり)で、佐野美術館で開催されている「REBORN 蘇る名刀」展の展示替えについて触れています。そこで
「鯰尾藤四郎と入れ替えで骨喰藤四郎が展示される」
と言っていますが正しくは
「鯰尾藤四郎・骨喰藤四郎と入れ替えで宗三左文字が展示される」です。
大変失礼しました。
展覧会を見に行かれる方はお気をつけください。


■補足
【刀剣用語】
今回いくつか用語をそのまま使っているので補足します。
・姿
刀身全体のこと。太さ、長さ、反りの強さなど、刀身全体の特徴を指すときに使われるワードです。

・腰で反る
刀身全体よりも茎(手に持つ側)の方、だいたいハバキをはめるあたりを「腰」と呼びます。そこに反りがついている姿のことを「腰で反る」または「腰反り」と呼びます。
平安時代の太刀や、古い備前刀によく見られる特徴です。

・肌
刀の表面のこと、といえばよいのでしょうか。刀のピカピカツヤツヤした、あの部分です。そこは単純に鏡のようにピカピカしているのではなく、木目模様があったり、ぶつぶつしたものあったり、一振り一振りさまざまな特徴が表れます。刀剣の見どころのひとつ。

・茎(なかご)
柄をはめる部分。手に持つところ。
博物館や美術館で見るときは柄ははめられていません。作ったばかりの新しい刀剣は銀色をしていますが、昔に使われた刀は錆が付着し黒や茶色になっています。
この部分も流派や地域によって形が異なるなどの特徴が表れます。

・亀甲菊花紋
六角形をした亀甲紋の中に菊の模様がある紋のこと。
亀甲貞宗には茎の先端付近にあります。
参考画像
http://livedoor.blogimg.jp/saniwablog/imgs/c/b/cbb30a03.jpg


【福岡の地名について】
『黒田重隆の曾孫である黒田長政が筑前国に封じられた際、新しい本拠城の名称を黒田氏ゆかりの備前福岡より取って、「福岡城」と命名、城下町を「福岡」とした。これが今日の福岡県及び福岡市の名称の由来となった』 Wikipediaよりhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%B2%A1%E7%9C%8C#%E5%9C%B0%E5%90%8D%E3%81%AE%E7%94%B1%E6%9D%A5


【関連リンク】
・佐野美術館 「REBORN 蘇る名刀」
http://www.sanobi.or.jp/exhibition/reborn_sword_2018/

・島田市博物館 「音にきこゆるvol.3〜島田の刀鍛冶と「五ヶ伝」〜
https://www.city.shimada.shizuoka.jp/shimahaku/docs/2018_touken3.html

・足利商工会議所友愛会館内ギャラリー・カッサ 「堀川国広とその高弟」
http://www.city.ashikaga.tochigi.jp/page/horikawa.html

・埼玉県立歴史と民俗の博物館 謙信景光
http://www.saitama-rekimin.spec.ed.jp/?page_id=567

・福岡市博物館 日光一文字
http://museum.city.fukuoka.jp/topics/kuroda.html

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

遠征費用や運営に活用させていただきます。

4

かたらじ 刀を語るラジオ

全国の博物館や美術館で展示されている刀をよく見に行く二人がお送りするラジオです。 刀を見に行った話から日本刀の見方までゆるく解説しながらお話しています。 ハッシュタグは #かたらじ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。