朝、まどろみの中で魔王に呼ばれた。お館サマ、である。呼ばれたからにゃ、参じねばなるまい──へし切られぬ様、茶坊主の摺り足で本能寺へ。宝物殿に、主と共に散った小姓──蘭丸の佩刀が妖しく鎮座していた。[森蘭丸][森力丸]。背後の戦没者位牌に、彼らの名。脚色抜きのリアルに息を呑む。

伝説の日本刀:(四)『裁断銘』と簡単な『刀剣用語の話』

※本エントリィには江戸時代における、罪人の遺体を用いた試斬についての詳述が含まれます。その様な内容について忌避感を感じる方は閲覧を避けていただけると幸いです。

本エントリーは『河井正博氏』よりご寄稿いただきました。
河合正博氏プロフィール:随筆家、歴史と刀剣の愛好者
本編は以下からどうぞ。

【江戸期の試斬について】

前回、国宝「童子斬り安綱」の太刀の「六つ胴敷き腕、土壇払い」の斬れ味に関する

もっとみる

[今回のかたらじ]
好きな刀について語り合う楽しい回となりました。

あなたが好きな刀の話も取り上げているかも!
私たちの好み全開な今回の番組内容を以下お届けします。

00:00 第7回のおさらい
01:39 刀剣読書会に行ってみたよ
03:02 刀を語ろう

05:05 光忠・長光・景光・兼光の中から選ぶなら
05:45 光忠はお肌がよい
08:17 まろやか長光
10:50 派手 or 華や

もっとみる

第423回 順調に『日本刀』レビューは続きます

1、日本刀レビュー第3回

週刊『日本刀』第3号

前回のレビューはこちら

2、要注意「正宗」と「政宗」

巻頭の等身大【日本刀ファイル】は池田正宗。

正宗は相州(現在の神奈川県)での作刀を大成させた人物で

自らの作品が高く評価されるのはもちろん、多くの弟子を育て

各地の刀匠に多くの影響を与えた人物でもありました。

掲載の池田正宗は鳥取藩池田家に伝来されたことからその名で呼ばれ、

元々

もっとみる

はじめまして。筆ペンで絵を描く人です。

海津見 えりな(わたつみ えりな)と申します。ISORA MUSICAという屋号で個人でWebだったりグラフィックだったりのデザインのお仕事もしています。
えりなの「え」は絵画の「絵」で、海津見は海の神様が好きなのであやかってつけた雅号ですが、下の名前は本名です。
その名の通り、子供の頃からずっと絵を描いてる人生(30代)です。

時々、木版画も彫ります。(上記の作品は、木版、筆ペン、デジタル作画

もっとみる

One Light Burning(とこしえ(永遠)の灯) プロローグ

見えざる処と現実、過去世が絡む現代ファンタジー小説

作品のキーワード
  龍神と二人の青年との深い縁・ツイレンレイ・過去世
(学校で教わる歴史とは違う軸の過去)
転生(異世界転生ではなく私たち人の魂の修行の輪廻転生)
不動明王・倶利伽羅・刀・剣士・虹龍と巫女の悲恋

自分が過去世で龍に育てられたなんて、
転生を繰り返す中忘れてしまっている主人公。
 その主人公にもツインレイが存在します。
 コイ

もっとみる

[今回のかたらじ]
今回のテーマは刀の写真と本について語りました。

博物館で撮る刀をどうやって撮っているのか。また、どんな刀の本を読んだり買ったりしたのか。その歩みをそれぞれ二人の体験談を通して語っています。

02:56 - 刀の撮影方法と使っているカメラ -
04:03 どんなカメラを使っていますか?
06:49 難易度高っ!単眼鏡を使ってのスマホ撮影
10:25 カメラを変えるのも一つの手

もっとみる

ひらがなエッセイ    #22  【に】

ある大学で刃物の切味を数値化する測定器を造ってみたところ、 皆が面白がって古今の名刀を研究室に持ち込んだ。様々な名刀の斬れ味の数値化に皆が心を躍らせていたのだが、その中で一本だけ、何度計測しても数字が安定しない【日本刀】があったという。持つ者の心の闇によって斬れ味が変わるというその刀の伝説は、金属工学を通して証明された。その刀の名は村正。数ある【日本刀】の中で唯一、妖刀と呼ばれている刀だ。

 

もっとみる

日本刀を作ってみた Fusion360

今回は簡単なの本当を作っていきたいと思います。

刃を作る際、面取りというコマンドを使用して角ばったものを作っていきます。

作り方①

スケッチをする際、背景となる写真はこちらのサイトから引用しています。

https://www.palmie.jp/lessons/202 引用

線分とスプラインを使用し全体をなぞっていく。

ポイントはイラスト通りになぞらなくても良いという点です。

全ての

もっとみる