Tsubute

関心;ロボット、未来、アート、 Make:、IoT、火星、テクノロジー、哲学

AI人材は必要か

政府がAI人材が今後不足する(既に不足)してるから、年間25万人の育成に力を入れると言ってる。

先日、蕎麦屋で昼食をとっていたら、近くで(お父さんと思われるが)息子に英語より、コミュニケーション力や、文化、歴史の知識が大事だ。英語は機械翻訳などがどんどん進む。英語力より、そっちのほうが大事だ。的な熱弁を振るっていた。

まあそれは一理ある。言葉はデータを抽象化して、他者に伝達する手段なわけで、重

もっとみる

AVATAR X

AVATAR Xは、遠隔操作ロボット(アバター)を活用した事業プラン。
先日、AVATAR Xのイベントに参加し、今後の可能性などを少し考えてみた。

我々人類は、既に宇宙にも活動の場を広げるべく、宇宙ステーションや、月や、惑星、などを探査を行なっている。

既に、宇宙ステーションでは多くの人が、働いているが、大気圏外へ移動したり、月へ行ったり、火星にいくには莫大な費用がかかり且つ、危険も多くまだ

もっとみる

トランスヒューマニズム

今回は死についてと、マッドな話が含まれるので、苦手な人は注意。

アルコー延命財団

詳細は省略するが、冷凍人間を保管してくれる団体である。
いずれ技術が発展したら、解凍するなりして蘇生できる、かもしれないというものである。

たしかに、蘇生ができたら凄い。が、現在のテクノロジーでは、まだまだそこまで全然見えて来ない。
では、これを「死の保留」と考えるとどうだろうか。
もちろん、死体を保存している

もっとみる

「AI・ロボットで仕事は無くならない」の実際

実際、AIロボットで、職を失った人は既にでてきている。
だから、「AI・ロボットで仕事はなくならない」という記事を見て、鵜呑みにしてはいけない。

「AI・ロボットで仕事はなくならない」の根拠としてよくあげられるのが、

・新しい仕事は技術が進歩しても次の課題が生まれる
・AIにはできない仕事がある

というものだが、たしかに仕事は作ればいくらでもある。しかしそこにはいくつか問題がある。

AIが

もっとみる

アップデートしない人々

世の中には、パソコンやスマートフォンのOSをアップデートしない人々がいる。

理由は人それぞれだろうが、UIが変わるのに対応するのが面倒だし、今使ってて困らないからなどといった理由が多そうだ。

メーカー側もそれに気がつき、近年は強制アップデートで対応させるようになってきたが、今回はそういったアップデートしない人々についてもう少し考えてみようと思う。

アップデートしない人の心理:向上心がない

もっとみる

中央を持たない資本主義

昨年、坂村健 氏の基調公演を聴いて、「哲学が大事だ」的な事を言ってたのが印象的だった。

昨年後半に、ユヴァル・ノア・ハラリ著「ホモ・デウス」を読んだ。
・人間は神になろうとしている。
・生命は皆アルゴリズムだ。
みたいな事が書いてあった。

先日、書店で落合陽一の本を探している人がいて、へえ面白いんかな?なんて本かはわからないけど、一冊ぐらい読んでみようと思い「これからの世界をつくる仲間たちへ」

もっとみる