『母殺し』(週刊キャプロア出版Vol.05収録)制作裏話 ※毒しか吐かない

 今日、週刊キャプロア出版vol.07が発売された。(⇒ご購入はこちらから)今回のテーマは『村上春樹』。読んだことないからとスルーしていたのに、友だちのなな氏から「あたし読んだことないまま書くよ。参加してまたコラボ配信しようよー」とけしかけられて、うっかり乗ってしまった。それが狂気の始まりだった。

※ここから先、悪趣味でディープなプライベートネタを含むので、料金お高めに設定しております。好奇心に負けて購入しないように。

この続きをみるには

この続き:3,093文字

『母殺し』(週刊キャプロア出版Vol.05収録)制作裏話 ※毒しか吐かない

水流苑まち(つるぞの・まち)

10,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもサポートありがとうございます。 『この世界の余白』としての生をまっとうすべく、意味のないものを生み出すために使わせていただきます。

はうあー!
1

嘘つきは作家のはじまり

作家の日常、考えごと。 嘘や妄想も織り交ぜて、チラ裏にメモする感覚で軽く書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。