会社員が向く人とフリーが向く人の違い: スリルを楽しめるか、それとも恐怖に感じるか

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

今月末で僕が17年勤務した会社を退職してブロガーとして独立して7年になる。

17年サラリーマンをやって、そのあと7年かフリーなので、まだフリーになってからの期間は半分以下だ。

でも、この7年の充実っぷりといったら半端なくて、毎日「生きてるなー」と実感しまくっている。

サラリーマン時代の17年間も、すごく一生懸命働いたし実績もたくさん残した。

入社して2年で主任、4年で係長、6年で課長、8年で事業部長格のシニアマネージャーにまで登り詰めた。

でも、どんなに頑張っていても、いつも「ここは本当の自分の場所じゃない」という違和感があったし、実績を残しても達成感が感じられず、いつもモヤモヤしていた。

いま思えば、当時の僕は、向いていないことを一生懸命やって、もがいていたんだと分かる。

でも当時の僕は、そんなこと分からないから、与えられた仕事を一生懸命やって頑張っていた。

この続きをみるには

この続き:2,369文字
記事を購入する

会社員が向く人とフリーが向く人の違い: スリルを楽しめるか、それとも恐怖に感じるか

立花岳志

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

立花岳志

立花岳志のブログに書けない本当の話

作家・ブロガー・カウンセラーの立花岳志が、自ら実践している六本木と鎌倉のデュアルライフ、妻と恋人のマルチ・パートナーシップ(ポリアモリー)、そしてサラリーマン時代の6倍以上を稼ぐようになったワークスタイルなどを綴ります。 月額1,000円読み放題なので、単独記事で購入いただ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。