「映画好きなワタシ」を語ってみる。

ふと思った。去年の日本国内の映画興行収入ランキングを見てみようと。なんとなく。50位まで掲載されている。
2016年映画興行収入ランキング50


一作品も見ていない。


そうだ、一昨年はどうかな。
2015年映画興行収入ランキング50


またもや一作品も見ていない…。


さすがに2014年まで遡れば何か見てるよね。
2014年映画興行収入ランキング50


皆無…。


で、2013年こそ…!と思って見てみたら、4位の「レ・ミゼラブル」と10位の「そして父になる」と28位の「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」を見ていた。

大体ここ数年の劇場での鑑賞数は、年間平均100本を超えているのだけど、それでいて、ほぼランキングにかすりもしないのは、どういうことか。

多分だけど、この18年くらいずっとそのスタンスを貫いている。なにしろ、全く「超ヒット作」には惹かれないのだ。別にマニアック路線を狙っているわけでもない。でも少し流行ると、ま、また今度でいっか、となってしまう。こんなあまのじゃくであることを加味しないでも、今後も「その年の」(←ここポイント。たまに往年のヒット作品は見たりするので)大ヒット作品は、多分ほぼ見ない。ガンコだね、保守的だね、と言われたらそれまで。それでも私は映画を見続ける。

ヒット作品を見ずして、映画を語ることができるのか。真の映画好きなら、好き嫌いなく見るべきなのでは。

色々言われることもあるかと思う。何で私はこんなにも映画にこだわってるんだろう。自分でもよく分からなくなってきた。それでも映画抜きに私の生活を、人生を語ることはできなくて、相当のスパイスになっている。とにかく全ての原動力になっていると言っても過言ではないのだ。

映画があるから仕事も頑張れて、
映画があるから旅をしてみたいと思い、そこでまた新たな世界を知って、
映画があるから素敵な友人もできた。
素晴らしい音楽に出逢い、知り得なかった事実を目の当たりにし、もっと知ろうと関連本を読んで、世界はまた広がった。

そんなスパイスになるのは、いつだって知る人ぞ知る作品なのだ。抜け落ちていく記憶があったとしても、それはたしかに、そのときの私の中に組み込まれていく。

それがどんなに辛く悲しい内容であっても、仕事帰りにクタクタの状態で映画館へ行くことは、私にとって究極の癒しになったりもする。単なる気分転換ではなく、けれども中毒とも異なる。感覚は決して麻痺したりしていない。

*****

いつまで、こんな感じで映画を見ることができるのだろうか。今は実家暮らし、両親共に元気で気ままな状態だから通用することだと思う。ずっと一人ならこの生活は年老いるまで続けていそうな気もする。

新しい家族ができたら? 空白の期間はできるだろうな。でも、もし私に子どもができたら、是非とも映画が好きな子に育ってほしい。親のそばで親が見るものを訳もわからずに見てくれるだけでいい。わからなければ聞いてほしい。わからないままでも、大人になって、あ、あの時のアレはこういうことだったんだ!と思ってくれたら最高だ。私がそうだったから。別に両親はコテコテの映画好きではなかったけれど。そんなキッカケを作れる大人になりたい。なる予定は皆無ですが。ですが。

こんなことを書いていたら、どんどん熱くなって、とりとめのない内容になってしまった。

スターウォーズ?ゴメン、どのエピソードも知らない。君の名は。、見てない。ラ・ラ・ランド、見逃したけど、多分わざと。

人生、損してる? いやいや、それは、断じてない!私は、自分が見たいと思う作品のラインナップには、根拠のない自負がある。私、こんな映画見たんだよ!もっと知ってもらいたい!こんな国があって、こんな考え方の人(たち)がいて、本当に世界って広いよね。私はこんな風に感じたよ!って。映画の中の、ほんの些細なことが、生活を一変させたり、それでポジティブになれたり、思いっきり涙して、その世界に没頭できたりする。そんなことって、やっぱり自分一人の人生だけでは経験できなくて。私はそれを味わいたくて、映画館へ今日も足を運ぶ。

はー、何かまだまだ語れそうな気がするけども、今日はこれでおしまい。

*トップ画像は、甥っ子にどうかなと思った可愛らしい長靴です。このnoteの内容に一切関係ありませんが、可愛いのでアップしてみました。甥っ子は、新幹線はやぶさのカッコいい長靴持ってるからいい、と妹に言われました…。

#エッセイ #コラム #私のこと #映画談 #コンテンツ会議 #とにかく映画が好きだ



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます😊
37

つぶまる

ワタシのこと

自分のことをツラツラと書いたものをまとめてみた。
3つのマガジンに含まれています

コメント4件

はじめまして。興味深く拝読しました。
挙げておられたランキング、2016年、見たのはゼロでした。
2015年に2本ありました。たまたま乗った飛行機で見られたのです。6位と7位。どちらも面白かった。特に6位。
自分の好きな監督なら、かなり遠くの映画館まででも見に行ったり、ブルーレイを購入して見ます。
「映画興行収入ランキング」と一致しないのは、なにか自然なことのような気もします。(^^)
ミオールさん、はじめまして!ほとんどゼロ、私だけじゃないのですね!子ども向けとかアニメ作品を私が見ないのもあるんだろうなと思っていました。そうですね、好きな監督や国の作品はたしかに意識的に見るようにしていると思います。なかなか周りに今流行りので何がオススメ、と聞かれても答えられない映画好きなんですが、これからもそれを貫こうと思います(^^)
わたしはたま~に観ることもあるくらいでしょうか・・・。
昔の映画とかハリウッドじゃないマイナーな作品にも惹かれます。
ところで、久しぶりにnoteに来たらアイコンが素敵でうっとり~です(=^・^=)
足袋猫さん!私も昔の作品でもハリウッドでない、でも名作と言われるものにとても惹かれます。邦画もほぼ見ないのですが、60年代、70年代のものは見直してみようかなと思えるのです。アイコン、色々いじっていたら元のに戻せなくなって、後ろ姿にしてみました〜(^^)最近撮ったものです。浴衣初めて着たんですが良いものですね!ありがとうございます😊
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。