<フクシマからの報告5> 2015.8.6  自然に覆われゆく無人の村

民家や車が雑草に埋もれていく(2015年7月31日、福島県飯舘村)

この続きをみるには

この続き: 画像29枚

<フクシマからの報告5> 2015.8.6  自然に覆われゆく無人の村

烏賀陽(うがや)弘道/Hiro Ugaya

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

私は読者のみなさんの購入と寄付でフクシマ取材の旅費など経費をまかないます。サポートしてくだると取材にさらに出かけることができます。どうぞサポートしてください。

17

福島311

コメント7件

なるほど… コストのかかるキャスクや密集の難しい遮蔽板の代わりに比較的低線量のモノは土塁でなんとか封じ込めようということなんですね
そのようです。ピラミッドを見ると実際にそうなっています。
貴重なお写真の数々ありがとうございます。
なんとも言えない気持ちになります。
黄色い花ですが、中心からも花びらが出ていますね。もともとは八重ではない品種と思いますが、恐らく遺伝子傷ついてしまったように思います。
ただ、チェルノブイリでもそうでしたが、人のいなくなった場所は皮肉にも動植物には楽園に成っていくと聞きます。

なんとも言えない気持ちです。。。
なるほど。貴重なご指摘ありがとうございます。こういう八重品種じゃないのに中心部から花びらで出ている花はよく見ます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。