臼井 隆志|ワークショップデザイン

子ども向けワークショップの企画・運営が得意です。noteでは発達心理学や認知科学をベースにした「赤ちゃんの探索」、ワークショップの作り方やアートの見方についての「アート・ワークショップコラム」を連載しています。株式会社Mimicry Designディレクター
固定されたノート

定期購読マガジン「アートの探索」をはじめます

こんにちは。臼井隆志です。定期購読マガジン「アートの探索」をはじめます。このマガジンは、ビジネス、教育、福祉などさまざまな視点からアートに関わる「ファシリテータ...

「対話型鑑賞」をビジネスパーソン向けに行うために必要なこと

今日は「対話型鑑賞をビジネスパーソン向けに行うために必要なこと」というテーマで書く。

子どもと大人が「まなざし」を借り合う学校/社会をつくりたい

こんにちは、臼井隆志です。ぼくはワークショップデザインを専門に、企業向けの人材育成や組織開発の事業をしているかたわら、アートと子どもに関わるワークショップの企画...

誰もがアーティストにはなれないが、小さく始めることはできるはず

会社員として企業相手に仕事をしたり、複業でアートや子どもに関わるワークショップをしたりしている。そのなかで、参加してくれる人たちの背景には、通底した課題が見えて...

アートの探索 マガジンの購入者だけが見れます。

8月の日記 「矛盾をふくむ問い」との出会い

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

芸術を経験することで新しい自分になるには

芸術の経験によって、ぼくたちは新しく変わってしまう。良い変化かどうかはわからないが、変わってしまうし、変わってしまうこと自体はとてもいいかんじだとおもう。 しか...